So-net無料ブログ作成
検索選択

<遺跡>問題(その1) [遺跡問題]

現在、最も関心を集中させているのが、<遺跡>問題である。最終的な目標は、「実体視されている<遺跡>概念に対して、批判的に介入し、脱構築していく方途を探ること」である。とりあえず<遺跡>問題の全体的な構図を示しておこう。1:<遺跡>の存在論 すなわち「遺跡とは何か」という基本的な問題を考察する。 2:<遺跡>の認識論 すなわち「遺跡は存在するか」という私たちの認識の在り方を明らかにする。以下に既出の文献を示す。五十嵐 彰2004b「近現代考古学認識論 -遺跡概念と他者表象-」『時空をこえた対話 -三田の考古学-』339-347頁、 五十嵐 彰2005a「遺跡地図論」『史紋』第3号99-107頁


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:学問・資格(旧テーマ)

nice! 0

コメント 2

かつらこ

ブログ開設おめでとうございます。しかし先生らしく固いですね。ムフ。みんなに広めておきますねん。石写真もキラキラさせて載せてみてください。楽しみにしております。
by かつらこ (2005-08-25 18:38) 

伊皿木

初コメントというのは、いいですね。今後もガチガチに固めていく所存で御座います。以下に、本ブログの指針となる文章を引用。「nで、nマイナス1で書くこと、スローガンで書くこと、リゾームになり、根にはなるな、決して種を植えるな! 蒔くな、突き刺せ! 一にも多にもなるな、多様体であれ! 線を作れ、決して点を作るな! スピードは点を線に変容させる! 速くあれ、たとえ場を動かぬときでも!」(ドゥルーズ&ガタリ)
by 伊皿木 (2005-08-25 19:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2