So-net無料ブログ作成

日本考古学協会第72回総会研究発表題目分類試案 [雑]

表記学会が来る5月27日・28日の両日、東京学芸大学を会場に開催される。研究発表として79本の口頭発表が予定されている。
発表題目を材料として、筆者の観点から恣意的な分類を行ってみた。ただし、テーマ発表である#80~#88の9本を除く(識別数字は「日本考古学協会会報」第157号:5-10に記された研究発表番号を示す)。

第1類:ある個別の発掘調査の成果を発表するもの。その成果をもとにより広範囲な地域を対象とした研究テーマに言及する場合も有るが、主眼はあくまでも個別<遺跡>の発掘調査によって得られた成果の発表に置かれる。発表題目としては、「○○遺跡の調査」「○○遺跡の発見」「○○遺跡の研究」など。(1,2,3,4,5,6,7,24,25,28,32,33,34,35,39,40,41,42,43,48,49,51,52,53,54,55,56,57,
58,62,67)。32本(40.5%)
第2類:ある時代・ある地域を対象として、何らかの考古学的な成果を記述するものである。発表題目としては、「○○地域における○○時代・○○期の研究」など(8,9,16,17,21,26,44,45,47,59,71)10本(12.7%)
第3類:個別の遺物・遺構を対象として、派生する諸問題を考察するもの。発表題目としては、「○○土器の研究」「○○時代における○○の研究」「○○遺跡出土の○○」「○○の編年」など(10,11,18,19,22,23,31,36,38,46,60,63,64,65,66,69,70)17本(21.5%)。
第4類:特定の<遺跡>の調査、遺物、遺構に関わらず、あるいは対象としてもそこから引き出される、より普遍的な事象・方法を研究対象としているもの。題目としては、「○○の分析」(12,13,14,15,20,27,29,30,37,50,61,68,72,73,74,75,76,77,78,79)20本(25.3%)。年代測定(12,13,14,15)、成分分析(20,72,73,74)、デジタル技術(27,29,76,77)、自然遺物(30)、使用痕跡(37,50,68)、保存技術(61)、その他(75,78,79)に細分できる。

もちろんどちらに区分するか頭を悩ますものも散見される。また発表題目のみを対象とした限定的な分類である。より正確を期するには、後日配布される発表要旨を対象として、更には実際の発表内容をも吟味して分析する必要があろう。しかし、発表題目が実際の発表内容を適切に表現しているとの前提に立てば、以上の大まかな分類においても極端な誤差は生じ得ないであろう。

何処から何が見つかったのかという個別<遺跡>の発掘調査成果である第1類、それら個別<遺跡>の成果を時・空間軸単位でまとめ上げた第2類、あるいは個別<遺跡>・<遺跡>群を単位とせずに<遺跡>から見出された特定の遺構・遺物を対象とした第3類は、いずれもレベルを異にしつつも研究対象・操作単位は、ある時期的地域的に限定された個別的で具体的な事象であるという共通した本質を有する。

対するに、第4類の対象は、基本的に特定の時空間軸に対象が限定されない、あらゆる時期地域の対象に対しても適応が可能なより普遍的で一般的なな方法を研究対象としている。

前者が「第1考古学」、後者が「第2考古学」である。

日本では、前者すなわち<遺跡>から何が見出されたのかという「発見報告」および遺構・遺物を対象とした時空間軸に位置付ける編年研究を主とした「実体研究」が圧倒的であり(75%)、それ以外の方法論に関わる研究は僅かであることが明らかである。
後者において、具体的な手法としての自然科学的分析・方法・年代測定などを除くと、純粋に考古学的な考え方・理論・方法・概念を対象とした研究は更に限定されるのも明らかである。

こうした「日本的特性」は、1月に開催された世界考古学会議大阪大会における発表題目構成との比較検討によってより明瞭に示されるだろう。
第3世界という概念を与えることで、第1世界と第2世界だけで世界が構成されているのではない、という認識をクリアに与えることができる。
第2考古学という概念を与えることで、考古学世界が第1考古学だけで構成されているのではない、という認識をクリアに与えることができる。
そして、日本においては第2考古学とされる領域が如何に圧倒的に少数であるか、ということも。
そして、そうした在り方が如何に日本という極限された地域性に規定されており、世界の中では圧倒的に少数であるか、ということも。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問・資格(旧テーマ)

nice! 0

コメント 3

k

!!
今日のblogを読み、「第2考古学」を具体的に理解することができました。スッキリ。
by k (2006-03-10 19:21) 

okayasu

UMLを使って問題点を整理してみたいと思います(自分のサイトでやります)。基本的には、同位クラスとその分類基準、前後のクラスの混乱その他です。
by okayasu (2006-03-10 22:20) 

okayasu

kさんのは気分だけです。
by okayasu (2006-03-10 22:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0