So-net無料ブログ作成
検索選択

文化財・人体の略奪と返還 [研究集会]

文化財・人体の略奪と返還 -植民地責任論の視点から-

日時:2010年12月12日(日) 10:00~18:00
場所:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 3階大会議室
主催:東京外国語大学AA研基幹研究「アフリカ文化研究に基づく多元的世界像の探求」
    科学研究費補助金プロジェクト「脱植民地化の双方向的歴史過程における『植民地責任』の研究」

報告1:「サラ・バールトマン、人間の展示・収集とジェノサイド -集合的記憶と変換のポリティクス-」
     メモリ・ビワ(南アフリカ、ウェスタンケープ大学)
報告2:「日本の文化財「返還」からみた植民地支配の「残像」と「清算」の虚像」
     柳 美那(韓国、国民大学)
報告3:「エチオピアにおけるオベリスク返還とイタリア侵略・支配「責任」」
     真城 百華(津田塾大学)

「2010年8月、「韓国併合100年」にさいしての、日本政府から韓国への「朝鮮王室儀軌」の「引き渡し」が話題になりました。植民地支配にかかわる文化財の流出とその返還については、現在、世界の各地で大きな議論となっています。アフリカからヨーロッパに運ばれ、「科学調査」の対象とされ、博物館などに展示された人骨(場合によっては生きたまま運ばれた人々とその遺骨)の返還を求める声も高まっています。「文化財」と「人体」の略奪は重なり合いながら、植民地主義の歴史を形成してきました。21世紀の今日、なぜ、「文化財」や「人骨」の返還を求める人々が増えているのか、それは植民地主義と脱植民地の歴史とどのようにかかわっているのか。本シンポジウムでは、実際に返還が行われた3つの事例をとりあげ、「文化財返還」と呼ばれる問題を、世界史的な視野から考えて見ます。」(案内チラシより)

「サラ・バールトマンの存命中および死後の展示、また彼女の同胞たち(その言語、文化、身体、文化財)に関する研究は、南アフリカやナミビアの先住民にとってジェノサイドの実践に通ずる経験の序曲でありそれに対応するものとみることができる。サラ・バールトマンの返還と南アフリカの東ケープでのその埋葬は、植民地支配終結後の償いの歴史における一つの里程標である。それは、この地域における独立後の先住民コミュニティ、特にコイ・サンのコミュニティの抵抗の戦略と要求とを象徴している。それは、コイ・サンのコミュニティのアイデンティティを回復し蘇らせることを目指したものであり、その社会・政治的または経済的闘いとも分かちがたく結びついている。」(メモリ・ビワ 報告要旨 永原 陽子訳)

「日韓の文化財返還の議論は、植民地支配の「残像」があらわれる結果を産み、「植民地支配の清算」という目標は、1965年日韓会談が終結するまで「合意点」を見出せないまま「虚像」となり、現在にいたる。
報告者は、こうした問題意識から今後、日本の「植民地清算」に焦点をあて、韓国をはじめ他国との文化財返還事例を比較したい。こうした研究は、1945年以降の、日本の旧植民地であった各国に対する認識を検討する意味でも最適な事例であるとともに、過去植民地宗主国と被植民地間の文化財返還をめぐる議論の一部として位置づけることができる。」(柳 美那 配布資料より)

「オベリスク再建の祝祭に注目が集まる一方、オベリスク返還を機にイタリアのエチオピア侵略に関する歴史認識をめぐる問題について充分な議論が尽くされたとは言い難い。オベリスク再建の式典に寄せられたイタリア大統領のコメントでは「オベリスク帰還とアクスムにおける再建は我々の歴史の暗い時代の最終的克服を表す象徴的意味を持つ」とされた。オベリスク返還は、両国間に横たわる侵略や占領・支配に関する問題の「克服」ではなく、議論が放置されてきた諸問題について再考する契機となるべきであろう。」(眞城 百華 配布資料より)

立証責任(responsibility of certification)というものは、被害者側ではなく、加害者側にあるという基本的な原則を確認しなければならない。すなわち、どのような被害(加害)があったかという真相究明は、被害者側に対して被害届けの提出が求められるのではなく、加害者に対する取り調べ、そして加害者の自発的な証言(自白)が追及されるべきであるということ。
植民地期にどのような文化財がどのように略奪されたのかについては、奪われた被植民地側が返還を求めるリストを製作しなければならないのではなく、奪った植民地本国側が返すべき文化財のリストを作成すべきであろう。
文化財が返還されるということは、そのことによって奪われた側の尊厳が回復するだけではなく、同時に奪った側についても自発的な返還によって自らの尊厳が回復されるのである。
文化財返還問題は、一方から他方へモノが移動するという単なる事象ではなく、双方が誠実に歴史に向かい合うことによって、双方の尊厳が共に回復されるプロセスである。
言い換えれば、問題を直視せずに先送りし続けるならば、いつまでも自らの尊厳が回復に至らないという重い問題でもある。
返還に至るためには、まず旧植民地宗主国にある略奪文化財に対する私たち一人一人の認識が変容しなければならない。
人体標本、石造物(オベリスク、五重石塔・・・)、神殿レリーフ、考古資料、古典籍などなど。こうしたモノが宝物(トレジャー)や文化遺産(ヘリテージ)である以前に、まず盗品(ストールン・トレジャー、ストールン・ヘリテージ)であることを、全ての人がしっかりと認識することが必要である。
何よりも「盗品を保有していることは、恥ずべきことである」という人間として当たり前の感覚が当たり前とならなければならない。
こうしたことは何も文化財返還問題に限定されない。戦時強制性奴隷制度、強制連行未払い賃金、毒ガス遺棄、人体実験など、戦時期になされたあらゆる戦争犯罪に該当する事柄である。
文化財返還問題が問うているのは、私たちひとりひとりの倫理観(エシックス)の有り様である。
単に「美しい貴重な仏像(茶碗、石塔)」と思うのか、それとも「確かに美しい貴重な仏像(茶碗、石塔)である。しかしこの仏像(茶碗、石塔)は本来ここにあるべきではない」と思うのか。
私たちの身の回りにあるひとつひとつの文化財(モノたち)を見る、私たちの「まなざし」が問われている。

・・・ということを、少し述べた。

追記:
その後の懇親会終了後の帰途、思わぬアクシデントに遭遇し、東京外語大スタッフの皆さまには大変お世話になりました。
この場を借りて、改めて御礼申し上げます。


タグ:文化財返還
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0