So-net無料ブログ作成
検索選択

高崎2002、そして大坂金太郎 [全方位書評]

高崎 宗司 2002 『植民地朝鮮の日本人』岩波新書790

「元在朝日本人の朝鮮時代への対し方には、大きく分けて三つのタイプがあるようである。第一のタイプは、自分たちの行動は立派なものだったとするものである。第二のタイプは、無邪気に朝鮮時代を懐かしむものである。そして、第三のタイプは、自己批判しているものである。」(201.)

日本考古学協会の創立時委員メンバーに引き寄せて考えると、差し詰め第一のタイプは藤田氏、梅原氏に、第ニのタイプは斉藤氏が該当する。
その他に、第四のタイプとして学問にのみ専念したとする駒井氏、江上氏が、第五のタイプとして開き直るものとして八幡氏が該当しそうである。
第三のタイプとしては、創立時委員には加わらなかった和島誠一氏などが挙げられるであろう。

「大坂金太郎は、日露戦争前の北海道で、ロシアの朝鮮半島進出を憂い、日朝連帯のために朝鮮語の勉強をしていた。そして、07年、ロシアとの国境に近い咸鏡北道の会寧普通学校に赴任した。大坂は、「食生活をゆたかにしてやりたい」と考え、札幌から馬鈴薯や、とうもろこし・かぼちゃの種子を取り寄せて普及させた。一時は道書記に転出したが、30年まで、各地の公立普通学校長として活躍し、後に慶州博物館の館長になった。あわせて、朝鮮人女性の識字教育に携わった。大坂六村の名で『慶州の伝説』『趣味の慶州』など、新羅の古都・慶州の文化を紹介する著作も残している。なお、大坂と結ばれた錦織マサは、07年に朝鮮に渡り、最初は日本人児童を教育したが、まもなく普通学校女子部の主任となった(森崎78年、84~87年)。
39年ころ、慶州の小学校に通っていた森崎和江は、大坂の家のそばを通ったときに友人がこう言ったことを記憶している。「この家の人、変人よ。朝鮮人が好きなの、日本人よりも。朝鮮人の味方をするのよ。オモニを集めて、字を教えたり裁縫教えたりして、自分も朝鮮服着るのよ。だからね、日本人たちはつきあわんようにしてるの」(84年、122)。」(100.)

植民地考古学者に、こうした「村八分」状態の人物がいたことを知っただけでも安堵を覚える。
大坂氏については、「日本考古学」でも殆どその人となりは伝えられていないだけに。

「別に、慶州博物館を事務所にして慶州古蹟保存会があった。普通学校の校長をやり、私の赴任前にやはり博物館の館長をされた大坂金太郎氏(六村)が関係し、崔南柱氏が仕事をやっていた。大坂氏には『趣味の慶州』や『慶州の伝説』などの著書があり、これらは、いまは古典的な本ともなっている。崔氏も仕事熱心な人であり、慶州の古蹟の調査や保存に力をつくした。前慶州博物館長の諸鹿央雄氏も、慶州の町で羽振りをきかせていた。」(斎藤 忠2002『考古学とともに七十五年』学生社:59.)

当時は「変人」とされた人が、後には高く評価される。
あるいは「無邪気に朝鮮時代を懐かしむ」とされる。
あるいは「羽振りをきかせていた」とされる。
人は、それぞれ時代に翻弄されるものだが、そうした中にあって、どのように身を処し、どのような言葉を遺すのか、考えさせられる。

「先生は朝鮮人の民家を借り自炊生活をした。日本人は二十人くらいいた。そのほとんどが独り身で南朝鮮やウラジオストック方面で事を起して追放された男であった。
この会寧で知り合った朝鮮人のなかで、先生は金 鉄中を忘れることができない。先生が赴任した翌41年の冬、11月であった。朝鮮家屋で自炊生活をしながら教監の仕事をし、一方で咸鏡北道史をまとめようとしていたときのことである。清国との国境の豆満江はすでに凍っていた。夜おそく戸をたたく者がいる。一人二人ではないけはいである。
「誰か」
「先生、わたしどもです。金 鉄中です。あけてください。」
戸をあけてみると5人の青年がふとんをかかえて立っている。朝鮮のふとんは薄い。あたたかなオンドルに敷いてくるくると体に巻きつけてねる。若者たちはめいめい丸めたふとんを腕にしていた。
「なんだ、ふとんかついで」
先生の朝鮮語は渡韓前に学習してある。
「先生がお一人で退屈だろうと思って泊るつもりで来ました。」
それはよう来た、と若者たちを招じ入れ談笑し、ともに寝た。翌日も翌々日も来る。咸北史をまとめようとしている時でもあり、茶菓子を用意して、昔話などをたずねたりした。若者たちは昼間は引き揚げる。一週間たつと他の五人と交代した。(中略)
どうも様子がおかしいと思う。日本人を警戒してふつうは近づかぬものを、連夜やっていくる。尋ねると、先生が退屈でしょうから、というだけである。
あるとき衛戍病院に遊びに行き、病院長に「毎晩生徒が泊りに来るのだが、校長は知っているのかな」というと、「君は何も知らんのか、のんきなものだ」といい、君の首に350円の賞金がかかっている、といった。豆満江が凍ると対岸から排日匪賊がやってくる。どこからでもやってくる。彼らは、師団長500円、連隊長400円、朝鮮人を日本化する日本人教師に350円の賞金をかけてねらわせていたのだった。
が、生徒たちは何もいわぬ。一週間交代で二ヶ月あまり、身辺の用心のために泊り込んだ。その指揮者が金 鉄中であった。
金 鉄中は、そののち「万歳事件」のときに憲兵によって殺された。すでに先生が慶州に転任していた時のことで、鉄中の死は彼の弟、錫中の手紙によって知らされた。鉄中は憲兵に引っぱられ、「朝鮮人ですから、独立運動にさんせいです」と答えて、豆満江の川原で首を切られたのだった。」(森崎 和江2009「ある朝鮮への小道 -大坂金太郎先生のこと-」『森崎和江コレクション -精神史の旅-』:71-72.)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0