So-net無料ブログ作成
検索選択

黄編(李・李訳)2015『韓国の失われた文化財』 [全方位書評]

黄 壽永 編(李 洋秀・李 素玲 増補・日本語訳)2015『韓国の失われた文化財 -増補 日帝期文化財被害資料-』三一書房、国外所在文化財財団企画、荒井 信一監修(原書:考古美術資料第22集『日帝期文化財被害資料』韓国美術史学会、1973)

「わが国土が日帝に占領され、あらゆる文化の遺産が彼らによって蹂躙された今世紀初半の歴史は、悪夢のようにわれわれの脳裏から離れず、その痕跡はまた容易く癒されはしない。彼らはいわゆる「古蹟調査事業」を名目としているが、その成果のようなものは、彼らが犯した古代墳墓の掠奪のようなたったひとつの事例だけを挙げても、彼らは何を持って(ママ)補償し弁明するのだろうか。…
ここで考古美術資料集の一冊として、この間収集した日帝期、わが文化財の受難を中心とした各種資料をまとめた訳は、たったこれだけでも今日に至っては新しく揃えるのに、時間と力が要るという判断の下に、もしかしてこのように粗末な資料集が、私たちの過去のつらい事実を後世の人に伝え、今後その保存と研究のために、何か小さな助けになればという祈願からだ。この本が、そのような資料のごく少数しか載せられないことは、あまりに明白だ。今後このような小さな集成が基礎となり、われわれの文化財受難の諸相を伝えるのに助けになるのなら、それに勝る喜びはないだろう。」(黄 壽永 「序文」:24-26.)

正に「小さな助けになればという」祈りと願いが、実現したのだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

五十嵐2015b「石器製作実験と私」 [拙文自評]

五十嵐 彰2015b「石器製作実験と私 -1983年の実験が導いた世界について-」『慶應義塾大学考古学研究会創立50周年記念誌』慶應義塾大学考古学研究会:33-34.

30年以上前の「思い出」とそれ以来の軌跡を記した小文である。

「ただ「こんなのが出来ました、すごいね~」といった「体験 experience」で終わらない、次の研究へのステップとなるような「実験 experiment」とするにはどうしたらいいかということを考えていた。その結果、動態としての人間行動と静態としての物質痕跡を結び付けるミドルレンジ研究としての「実験痕跡研究」という枠組みが欠かせない、という結論に至った(五十嵐2001「実験痕跡研究の枠組み」『考古学研究』47-4)。ただしこうした認識は、研究グループ諸氏の理解を得ることができず、個人として発表せざるを得なかった。」(34.)

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

文化財に関する諸問題検討会 [研究集会]

日本考古学協会 第3回文化財に関する諸問題検討会

日時:2015年11月30日 18:30~20:30
場所: 日本考古学協会 事務所(東京都江戸川区平井5-15-5 平井駅前共同ビル4階)

色々な経緯があって、今回初めて本検討会に参加した。
基本的に「クローズド」な集まりのようだが、私が参加できるのだから会員であれば誰でも参加できるのであろう。
より「オープン」な集まりになることを望む。

以下、これまでの経緯を簡単に記す。

2010年5月:日本考古学協会第76回総会(国士舘大学)審議事項(5)その他において、文化財返還に関わる委員会の設置および解決に向けた声明を提言する。
2010年6月:「政治的問題が絡むこと」(理事会)という理由により継続審議
2010年9月:「一学会が取り扱うべき事案ではなく」(国際交流委員会)という理由により却下
2011年5月:五十嵐・森本「文化財返還問題の経緯・現状・課題」(第77回総会(国学院大学)にて発表)

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問