So-net無料ブログ作成

ナンタ2016「植民地考古学・歴史学・博物館」 [論文時評]

アルノ・ナンタ(Arnaud Nanta)2016「植民地考古学・歴史学・博物館 -朝鮮半島と古代史研究-」『帝国を調べる -植民地フィールドワークの科学史-』坂野 徹編、勁草書房:47-84.

「日本人研究者が朝鮮半島で実施した学問研究のなかで、本章で注目するのは考古学である。19世紀に誕生した近代考古学は、同時期に形成された国民国家におけるナショナル・アイデンティティの創造過程で重要な役割を果たすとともに、世界各地の植民地(特に地中海と東アジアの各植民地)において、征服地域を把握するために不可欠な学問となった。」(48.)

編者の坂野 徹氏と慎 蒼健氏が中心となって2005年に組織された「植民地と学知研究会」による2010年の論文集『帝国の視覚/死角 -<昭和期>日本の知とメディア-』(青弓社)に次ぐ成果の論考である。2012年からは、「帝国日本のアジア地域における人類学・衛生学に関する歴史研究」(日本大学経済学部中国・アジア研究センター)という研究プロジェクトが直接の母体となっているようだ。
アルノ・ナンタ氏は、フランス国立科学研究センター(CNRS)に所属する研究者である。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

人類学バトル [研究集会]

人類学バトル「ポストコロニアル論争は人類学にとって自殺行為だった」『くにたち人類学研究』第3号:69-138.

ひょんなことから、隣で9年前にこんなイベントが行われていたことを知った。

日時:2007年10月7日
場所:一橋大学
主催:日本文化人類学会 関東地区研究懇談会

「「シリーズ・人類学バトル」は、だれもが気にかけてはいるものの、これまで面と向かって論じることの少なかった「熱いトピック」を、「バトル」形式で議論する場です。毎回、それぞれのトピックについて一家言ありそうな論客を招いて「バトル」の口火を切ってもらい、その後、観戦者も巻き込んで「場外バトル」を繰り広げ、最後に、全員の投票で勝敗を決めます。
今回の争点もまさに、未だに決着を付けにくい悩ましいトピックです。そこで多様な立場から争点を浮き彫りにし、議論を大胆に「闘わせる」ことで、問題の核心に迫りたいと思います。「バトル」とは半ば見せ物で、半ば真剣勝負の場です。重い話も軽く語れる場、原稿を読み上げる場には求めにくい、口頭でやり合うスリルに富んだ場、普段言いにくいことも思わずズバリと言ってしまいたくなる場にしたいと思います。」(69.)

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

江上1937『蒙古高原横断記』 [考古誌批評]

江上波夫(東亜考古学会蒙古調査班)1937『蒙古高原横断記』朝日新聞社
(本記事は、当該書第一章を収録した池内 紀 編1997『江上波夫の蒙古高原横断記』五月書房による)

「かくて昭和五年十二月末、蒙古旅行より北平に帰るや否や、江上は東亜考古学会宛て書信を送ってシリン・ゴルを中心に蒙古高原の地質学的、人類学的、考古学的探査の必要を力説し、学会もその議を容れて、昭和六年四月より東京において実行の準備に取り掛かった。すなわち横尾(人類学)を団長に、江上(考古学)松沢(地質学)竹内(言語学)が隊員となり、旅行の順路、乗り物、時期等に合議し、調査及び旅行に必要な携帯品を整備した。」(「発端」16-17.) 

先週の日本考古学協会「文化財に関する諸問題検討会」では、横浜ユーラシア文化館の方を招いて、オロンスム出土資料などの江上コレクションに関する話しを聞く機会があった。
今回紹介する「蒙古高原横断記」は、オロンスム発掘調査以前の調査旅行に関わるものである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

山本2016「縄文時代中期終末から後期初頭の柄鏡形敷石住居址のライフサイクル」 [論文時評]

山本 典幸 2016 「縄文時代中期終末から後期初頭の柄鏡形敷石住居址のライフサイクル」『古代』第138号、早稲田大学考古学会:207-228.

ちょうどこうした問題を考えていたので、色々と興味深いことの多かった論考である。

「本稿は、縄文時代中期終末から後期初頭の柄鏡形敷石住居址を対象に、敷石の接合例や遺存状態、遺物の出土状態などから、敷石の一部が時間を逆行して再利用(lateral cycling)ないしリサイクル(recycling)された事例と、敷石に用いた礫石を分割した後に異なる柄鏡形敷石住居址の床面に分有した事例を提示する。」(207.)

冒頭の一文であるが、シファーなどの原文に「時間を逆行して」といった類の文章があっただろうか?
(こうした些細な文言にこだわってしまうというのが、最近の悪い癖である。)
もちろんタイムマシンを用いない限り「時間は逆行」できないし、あくまでも「製作・使用といった物質資料の「流れ」(フロー)を繰り返す」といった意味だとは思うのだが、そういう意味で「時間を逆行しない」すなわち「時間を順行する」ような再利用などは有り得ない訳で、あえてこうしたフレーズを挿入する意図がいまひとつ読みきれないのである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問