So-net無料ブログ作成
検索選択

「植民地朝鮮における帝国日本の古代史研究」 [研究集会]

「植民地朝鮮における帝国日本の古代史研究 -近代東アジアの考古学・歴史学・文化財政策-」

日時:2016年4月22日(金)・23日(土)
場所:日仏会館、早稲田大学26号館
企画代表:李 成市、ナンタ アルノ

「このシンポジウムでは、植民地朝鮮における古代史研究(考古学、歴史学、古蹟保護政策)のみならず、植民地期カンボジアにおけるフランスの考古学事業という前史のもつ意義、そして大陸中国における考古学活動をも参照しつつ、「植民地的状況」下で実施された学知を検討する。」(案内チラシより)

李 成市 「朝鮮古代史研究と植民地主義の克服」
崔 錫榮 「朝鮮総督府による古蹟調査と博物館の役割」
早乙女 雅博 「植民地朝鮮における考古学調査・古蹟保存と、それを通してみた朝鮮古代史像」
吉井 秀夫 「京都帝国大学考古学研究室からみた朝鮮総督府の古蹟調査事業」
箱石 大 「朝鮮総督府による朝鮮史料の収集と編纂」
裴 炯逸 「帝国の名勝地を視覚する -朝鮮植民地古跡の写真分類と観光メデア-」
藤原 貞朗 「植民地学としての東アジア考古学 -その理念と実践の比較検討-」

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

酒寄1999「「唐碑亭」すなわち「鴻臚井の碑」をめぐって」 [論文時評]

酒寄 雅志 1999 「「唐碑亭」すなわち「鴻臚井の碑」をめぐって」『朝鮮文化研究』第6号、東京大学大学院人文社会系研究科・文学部朝鮮文化研究室紀要:33-60. 2001『渤海と古代の日本』校倉書房:386-434.所収

「鴻臚井(こうろせい)の碑」とは、唐の外交官職である「鴻臚卿」が渤海国王を冊封した帰途、旅順に立ち寄り井戸を掘り記念として傍らに設けた巨石の碑であり、「唐碑亭」とはその石碑を覆う覆屋を言う。
そもそも中国・遼寧省にあった石碑が、なぜ日本の千代田区に存在しているのか。

「文献史料の乏しい渤海史研究にあって、「鴻臚井の碑」は、戦後に発見された貞惠公主墓誌や貞孝公主墓誌などとともに貴重な金石文である。しかしながらこの碑石は、現在、日本の皇居内深くに置かれており、それを目の当たりにすることはかなわない。そのため碑石自体がどのようなものか、碑文は一体石のどの部分に書かれているのかなどわからないことばかりであった。」(33.)
「この碑石はつとに「鴻臚井の碑」と呼ばれて斯界では知られているが、今日、皇居内の御府の一つである「建安府」の前庭にあるという。」(34.)

「御府(ぎょふ)」も「建安府」も、知らないことばかりである。
ウィキによれば、「戦利品は関係各国に返還された」とのことであるが、いつ、どれほどのものが、どこに返還されたのか、甚だ信憑性に欠ける記述である。根拠となる情報源(例えば新聞記事など)も、示されていない。
少なくとも「鴻臚井の碑」は未だに皇居内にあり、現地からの返還要求にも応じていない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

植木2015『植民学の記憶』 [全方位書評]

植木 哲也 2015 『植民学の記憶 -アイヌ差別と学問の責任-』緑風出版

前著『学問の暴力』を、6年前に紹介した。

「1977年4月、北海道大学経済学部ではいつもの年度と同じように新学期が始まっていた。軍艦講堂の一番教室で開講された「北海道経済史」は、経済学部四年生を対象に毎週金曜日と土曜日に開かれる講義だった。100名ほどの受講生に対して、授業を担当したのは、当時経済学部長を務めていた林善茂である。
講義に出席した学生たちの話によると、林教授は最初の講義で、「北海道経済史は日本人を主体にした開拓史であり、アイヌの歴史は切り捨てる」と語った。それだけでなく「学生たちを笑わせるための冗談や雑談」として、アイヌ民族の身体的特徴を強調し、アイヌ女性を蔑視した表現をするなど、差別的な言葉を繰り返した。
こうした発言を「暴言」と感じた学生が一人のアイヌに相談した。相談を受けたのは結城庄司。当時、アイヌ解放同盟の代表として、積極的に民族差別問題に取り組んでいた人物である。とくに研究者たちによるアイヌ差別に反対する活動を展開し、札幌医科大学で1972年に開催された日本人類学会と日本民族学会の連合大会で、出席者に公開質問状を提出し、アイヌ民族に対する研究者の意識を問いただしていた。」(12.)

こうした経緯を経て、先月の新聞報道に繋がっていく。
それでは遺骨と共に発掘された考古資料の扱いについて日本考古学協会の対応は、どうなっているのだろうか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

田村1994『慶陵調査紀行』 [全方位書評]

田村 實造1994『慶陵調査紀行』平凡社

「慶陵と著者(田村)との縁由をいえば六十有余年の昔にさかのぼる。1931(昭和六)年七月、日本東亜考古学会によって組織された内蒙古調査団が、チャハル省およびシリンゴール盟における考古、歴史、人類、地質、言語の各部門にわたる総合的学術調査を目的として、山西省張家口から長城をこえて内蒙古入りを敢行したとき、たまたま当時、この学会から派遣されて北平(北京)に留学中であった著者は現地から参加することになった。
慶陵は、当初この調査団の調査対象ではなかったが、田村の熱望がいれられて、一行は八月中旬、興安嶺を西から東にこえて、かつて遼代に慶陵の奉陵邑であった慶州城址にあたるバリン左翼旗管内の白塔子部落を訪れた。翌日団員の江上波夫氏(東京大学名誉教授)と田村とは、写真技師田中周治氏を伴い一人のラマ僧を案内者として、ここから西北約14㌔をへだてる興安嶺山系のワール・イン・マンハ(慶雲山)の地下にある慶陵三陵墓(東陵・中陵・西陵)の調査に赴いた。」(21.)

ここで述べられている「内蒙古調査団」とは、前々回の記事で紹介した「東亜考古学会蒙古調査班」のことを指す。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問