So-net無料ブログ作成
検索選択

崔2016「日本帝国の外地朝鮮統治と古蹟発掘、そして文化財の行方」 [論文時評]

崔 錫榮(金 廣植 訳) 2016 「日本帝国の外地朝鮮統治と古蹟発掘、そして文化財の行方」『博物館という装置 -帝国・植民地・アイデンティティ-』石井 正巳編、勉誠出版:336-366.

崔 錫榮氏には、4月23日に早稲田大学で行われた研究集会「植民地朝鮮における帝国日本の古代史研究」において、お目にかかっていたのであった。

「本稿では、日本帝国が外地朝鮮で行った古蹟発掘調査とそれに関連する法の制定・運用、植民地博物館の創立とその営みなどを検討し、日本帝国と外地の間で行われた文化制度の「差別的」運用こそが終局的に今日の文化財返還の歴史的背景に繋がっているということを明らかにしたいと思う。」(337.)

かつての植民地支配あるいはそれを支える植民地主義を肯定する人ないしは否定するにしても「それでも」とか「なお」といった留保を付す人は、すべからく「差別的運用」あるいは差別そのものを何らかの意味で肯定していると考えなければならない。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

五十嵐2016c「緑川東問題」 [拙文自評]

五十嵐 2016c 「緑川東問題 -考古学的解釈の妥当性について-」『東京考古』第34号、東京考古談話会:1-17.

「2012年6月30日、多摩川中流域左岸からおよそ500mの青柳段丘面に位置する緑川東遺跡第27地点の「敷石遺構SV1」と名付けられた遺構の中央部から、4本の大形石棒が並んだ状態で確認された。
この発見は「これまでの石棒研究の「常識」を覆す」(清水2013d:101.)と評されたが、私もこうした事例は単に石棒研究に限られない「前代未聞」「百年に一度の大発見」と考える。だからこそ緑川東遺跡の4本の大形石棒をどのように評価し、その意味についてどのように解釈するのかという点について、様々な立場から多様な議論がなされることを望んでいる。本論は、そうした問題提起を目的とする一つの試論である。」(1.)

これからは、「6月30日」を「石棒の日」として提唱したいくらいである。
『東京考古』に投稿したのは、17年前の「旧石器資料報告の現状」(五十嵐1999『東京考古』第17号)以来である。
事ここに至るには、それなりの経緯があった。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

五十嵐2016b「<場>と<もの>の考古時間」 [拙文自評]

五十嵐 2016b 「<場>と<もの>の考古時間 -第2考古学的集落論-」『考古学の地平 Ⅰ-縄文社会を集落から読み解く-』小林 謙一・黒尾 和久・中山 真治・山本 典幸編、六一書房:117-128.

① 住居跡時間(遺構製作時間)を推定する信頼度は、土器型式(遺物製作時間)の出土状況(部材か覆土かといった遺物廃棄時間)で異なる。
② 同じ出土状況を示す接合資料についても、含まれた<場>の条件によって埋没に至る経緯や経過時間に関する解釈が変容する。
③ 同一遺構において異なる遺物型式が共存した場合の解釈は、遺物時間を優先して遺構時間を引き延ばすか、遺構時間を優先して古い遺物時間を引き延ばすかになる。
④ 累重関係は遺物廃棄時間が相対的に確定できるのに対して、面中関係は部材の相互関係のみでは遺構に組み込まれた相互関係を確定できない。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

五十嵐2016a「動向の動向」 [拙文自評]

五十嵐 2016a 「動向の動向 -「日本考古学」の枠組み-」『東邦考古』第40号、山岸良二先生退職記念号、東邦考古学研究会:208-216.

慣例に従い奥付に記された発行年月日の早い順に紹介する。実際は、本論が最新作なのだが。
本論の基本的な部分については、10年前の2006年6月に集中的に本ブログで公開した記事に基づいている。
そうした意味では、旧作なのだが。10年越しの課題をようやく果たし終えた、ということになる。

1.はじめに
2.動向の変遷
3.項目の欠落
4.時期区分
5.地域項目の細分化
6.内国への自閉化
7.北と南
8.おわりに

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問