So-net無料ブログ作成
検索選択

WAC-8が浮かび上がらせた世界の中の「日本考古学」 [拙文自評]

五十嵐 2016e 「WAC-8が浮かび上がらせた世界の中の「日本考古学」」『東京の遺跡』第106号、3-4.

「また研究発表のあり方についても、強い印象を受けた。もちろん各研究者の発表を聞くのが主眼なのだが、イメージとして発表はあくまでも議論の材料に過ぎず、より重視されているのは発表後の発表者と聞き手の間でなされる議論のように思われた。あらかじめコメントを述べる人が決められており、当たり障りのない質問がなされて無事?に終了するのが一般的な「日本考古学」との大きな違いである。」(4.)

こうした議論に参入するには、英語力はもとより、研究というものに対する心構え、研究姿勢というものから鍛え直さなければならないだろう。
トレーニングとしてのディベートというスキルが決定的に欠けているお国柄で教育を受けた者は、自らが意識的に身に付けていかなければならない。

続きを読む


タグ:WAC
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

考古学的判断の妥当性をめぐって [総論]

『東京の遺跡』第106号(2016年10月10日発行)の「編集余白メモ」という欄に、「考古学的判断の妥当性とは -「緑川東問題」という問題提起への応答-」(黒尾和久)と題する短文が掲載されている。
もとより編集者が紙面の余ったスペースにメモ書き程度の事柄を記したという性格なのだが、なかなかに看過し難い内容を含んでいる。

「状況証拠に照らした「SV1廃棄時設置」の蓋然性の高さは、報告にしっかり目を通せば理解してもらえると信じているし、…」

これでは、「SV1廃棄時設置」に異論を唱えている私は、まるで「報告にしっかり目を通」していないかのようである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

『アイヌの遺骨はコタンの土へ』 [全方位書評]

北大開示文書研究会 編著 2016 『アイヌの遺骨はコタンの土へ -北大に対する遺骨返還請求と先住権-』緑風出版.

「ところがある日から、私はある夢を見るようになりました。毎晩毎晩、私は同じ夢を繰り返し見ました。その夢では、私どもの先祖が葬られている森の外に、私が立ちすくんでいるのです。森の中にはとても幸せそうな人びとがいて、彼らは誇りに満ちていました。年長の方々もいらっしゃいました。親や子どもたちも。
その中のある年配の女性が、私が森の外に立っているのを見ていました。彼女は片手を私の方に伸ばしながら私に近寄ってきたのです。しかしその手は彼女の体から落ちてしまいました。彼女の目からは涙がこぼれ、私に背を向け、森の中に帰って行きました。次に、とある年配の男性が私を見つけました。彼は私の方に両手を差し出しました。そして両手と頭を私の方にかしげました。すると、彼の両腕と頭が胴体から落ち、私の方に転がってきたのです。その両目からは涙がこぼれていました。次々と森の中の年配の方たちの体から手や足や頭が落ちて行くのを私は目撃したのです。」(ボブ・サム「われらが遺骨を取り戻すまで -アラスカの返還運動-」(207-208.)

アラスカ州クリンギッド族の遺骨を「埋め戻す」エキスパートの方の話しである。何かホラー映画のような情景であるが、心理学の夢判断などで解釈すれば、いろいろな事が述べることができるだろう。
重要なのは、こうした思いが「返還運動」の原動力となっているということ、そのことに関係者あるいは部外者は思いを致さなければならないということである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問