So-net無料ブログ作成

緑川東遺跡の大形石棒について考える(予告) [研究集会]

【公開討論会】 緑川東遺跡の大形石棒について考える(予告)

日時:2017年2月19日(日)13時~17時(開場12時30分)
場所:東京都埋蔵文化財センター2階会議室

主催:東京考古談話会
協力:セツルメント研究会
呼びかけ人:五十嵐 彰・黒尾 和久・小林 謙一
【趣旨】
2012年6月30日に、国立市緑川東遺跡の「敷石遺構SV1]と名付けられた遺構から長さ1mを超える大形石棒が4本並んで出土しました。発見当初から大きな話題となりましたが、未だにその評価が定まりません。特に大形石棒が設置されたのが「敷石遺構SV1]の製作時なのか、それとも廃棄時なのかという点について異なる意見が提出されています。今回は、両方の論者を招いてそれぞれの論拠を示してもらい、会場の参加者と一緒に4本の大形石棒を巡る諸問題、考古学的な事象から導かれる私たちの判断・解釈・説明のありかたについて円卓形式で自由に議論をしたいと思います。
【タイム・テーブル】
13:00- 趣旨説明(小林) 13:10- 基調報告(黒尾) 13:30- 対論提示(五十嵐)
13:50-17:00 コメント・自由討論
*参加費は無料、申し込みも不要です。できるだけ多くの方々に参加して頂くことを希望しています。ただ緑川東遺跡の報告書(ダイサン編2014『緑川東遺跡 -第27地点-』)とその対論(五十嵐 彰2016「緑川東問題」『東京考古』第34号)が議論の前提となりますので、予め目を通していただければ理解の助けになるかと思います。また『東京の遺跡』(東京考古談話会)でも、調査速報(99号)、報告書紹介(101号)、シンポジウム紹介(102号)、考古学的判断の妥当性とは(106号)、廃棄時説という隘路(107号)など関連した文章が掲載されていますので、ご参考にして下さい。

以上、配布チラシより

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

これからのアイヌ人骨・副葬品に係る調査研究の在り方に関するラウンドテーブル報告書(案) [総論]

北海道アイヌ協会・日本人類学会・日本考古学協会2016『これからのアイヌ人骨・副葬品に係る調査研究の在り方に関するラウンドテーブル報告書(案)』

「従来の研究者の取り組みには、開拓史観や適者生存・優勝劣敗的な古い社会進化論的発想が含まれ、植民地主義や同化政策の負の歴史につながるものが見られた。他者の文化を議論しているという意識が欠落し、アイヌの声を聞いてこなかった側面が多くあった。またアイヌへの研究成果の還元も十分なされてきたと言い難く、一部の研究においては、アイヌへの社会的偏見を助長する事例の存在を認めざるを得ない。
考古学では、アイヌの歴史を日本列島の一地方の問題として捉え、全国的な課題として、また隣接地域との関係から位置づける視点が欠け、人類学においてはアイヌが先住民であるか否か、アイヌと縄文時代人と関係があるかなどの研究が進んだが、両学会とも日本国における先住民族問題、民族差別問題との関わりを意識する視点が欠けていた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

考古学的撞着論法 [総論]

世に「考古学的撞着論法」(archaeological oxymoron)なるものが存在する。

【経緯】
当初は一般的な敷石住居(SI)として調査していたが、結果として炉の不在および大形石棒の存在を理由として特殊な敷石遺構(SV)に改められた。
「確認当初は、竪穴構造の住居跡(SI1)と認識した。その後、調査の過程で石積みの壁を有し、床に一部敷石をもつことが確認された。しかし完掘時において炉址が検出されず、また床面上に大型石棒が並置されていたことから、遺構種別を住居から敷石遺構(SV1)に変更した。」(12.L)

【論点】
廃絶時説の大前提は、大形石棒が並置されて「SV」とされる以前は「SI」であった、すなわち一般的な住居(SI)を再利用して特殊な遺構(SV)に改変したというものである。
「実態としては、残存するSV1の内外観等にもとづき施設の主軸に合わせて石棒を並べたと考えるのが妥当と思われる。」(131.R)

自らが否定した存在を、今度は自らが証明しなければならない訳である。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問