So-net無料ブログ作成
検索選択

緑川東遺跡の大形石棒について考える(報告) [研究集会]

公開討論会「緑川東遺跡の大形石棒について考える」
日時:2017年2月19日(日)
場所:東京都埋蔵文化財センター 2階会議室
主催:東京考古談話会 
後援:東京都埋蔵文化財センター・国立市教育委員会 
協力:セツルメント研究会

「報告書の刊行後に、大形石棒が設置されたのが「敷石遺構SV1」の廃絶時以降という報告書の所見に対して、製作時の可能性も否定できないのではないか、むしろそう考えるべきではないのかという疑義が、『東京考古』および『東京の遺跡』誌上で提示され、またそれに対する反論も出されています。」(東京考古談話会・企画担当 黒尾・追川・中村2017「公開討論会「緑川東遺跡の大形石棒について考える」の開催にあたって」『公開討論会「緑川東遺跡の大形石棒について考える」資料集』)

「報告にしっかり目を通せば理解してもらえると信じている」(黒尾2016「考古学的判断の妥当性とは」)というのが「反論」に値するのか疑問とせざるを得ない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

下原・富士見町遺跡Ⅲ<承前> [考古誌批評]

石材-石質-石質細分の非連動性以上に問題なのは、石材や石質や石質細分と接合個体の非連動性である。

「接合番号:接合個体を識別するIDで4桁の数字で表されている。0001番から接合した順序に新しい番号を与えていったので、最初は連番になっていたが、接合個体同士が接合した時に2つの接合番号が統合され、1つの番号(原則として若い方の番号)になった時、もう1つの番号は間違えのないように欠番としたため、抜けている番号がある。」(Ⅲ(2):16.)

ある接合個体は、ある石質細分あるいは石質あるいは石材に含まれるのではないのか?
こうした基本的な事柄が、どうして関連付けられずに「接合した順序に新しい番号を与えていった」という場当たり的な命名システムになってしまうのだろうか? 
述べられるべき問題は、欠番があるとかないとかではなく、より本質的な事柄が指摘されていたはずである。

「石材・原産地・母岩(非接合資料を含む)・接合(石核と剥片を含む場合は個体)・石器(石核・剥片など)という整合的な資料提示が必要である。」(五十嵐1998「考古資料の接合 -石器研究における母岩・個体問題-」『史学』67-3・4:120.)
「基礎データの提示としての報告書も、自らの報告内容の中だけで完結する自己満足的な提示方法ではなく、あらゆる状況に対応しうる提示方法と用語体系の構築が意図されなければならない。その上で、ただ接合すればよいというのではなく、接合実測図や接合分布図を材料として何をいかにして見い出していくのかという明確な意図が示される必要があろう。本稿で提示した問題の所在が受け止められ、生産的な議論がなされることによって現在の石器研究におけるもつれた糸が少しでも解きほぐされることを願う。」(同:121.)

未だに「整合的な資料提示」がなされずに、糸はもつれたままということの原因は何なのだろうか?
非整合的で自己満足的な資料提示の方が単に楽だから、といったことなのか?
遺物群の垂直方向の区分(「垂直区分帯」)や集中部の設定(Ⅲ(1):12-20.)には、あれだけ詳細で緻密な作業がなされているにも関わらず。
おそらく接合資料の表示システムを石材などと連動させないほうが、より有益であるとの判断に基づくのだろう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

下原・富士見町遺跡Ⅲ(2) [考古誌批評]

東京都三鷹市・調布市 下原・富士見町遺跡Ⅲ 後期旧石器時代の発掘調査(2) 石器接合資料とその分布 2004~07年度明治大学附属明治高等学校・明治中学校新校舎建設予定地における埋蔵文化財発掘調査報告、明治大学校地内遺跡調査団調査研究報告書6、明治大学校地内遺跡調査団編、学校法人 明治大学 2016.7

日本全国の旧石器研究者が注視していた10年以上に及ぶビッグ・プロジェクトの最終成果品である。

「個体類型、MB、MC、MFの最初の1桁のMは個体を表しており、2番目のB、C、Fはそれぞれ折れ、石核、剥片の意味である。よって、MBは折れ・折り接合のみによって接合している個体を表している。MCは接合個体の中に石核を含む接合個体を表し、MFは剝離接合のみで、石核を含まない接合を表している。」(鈴木:15.)

そもそも、といった事柄から論じなければならない。

「「割る」という行為と、「割る」ことによって生じる「(剥片)剝離(剝離面)」(removal)という現象(痕跡)が区別される。こうした1回の打ち割り動作によって生成される石器資料(主に剥片および石核)を「石器単位」とする。(中略)
「折る」という行為についても、「折る」ことによって生じる「折損(折損面)」(breakage)という現象(痕跡)を区別する必要がある。打ち割りによって生じた「石器単位」に対して、その「石器単位」が「折れる」ないしは「折る」ことによって分割された破片(fragment)を「石器要素」とする。」(五十嵐2002「旧石器資料関係論」『研究論集』第19号:35.一部改変)

提示された「MB」・「MC」・「MF」という接合個体類型は、同等の、すなわち同じレベルの類型といえるのだろうか?
折損面での接合(私の「2類接合」)に対応するのは、剝離面での接合(私の「1類接合」)だけなのではないか?
どうしても剝離面接合個体において、石核が含まれるか含まれないかを識別したいのならば、階層を一つ落とした区分、亜類型としなければならないのではないか?
そもそもなぜ、それほど石核が含まれるか含まれないかにこだわるのだろうか?
ここから、ぼんやりと「砂川神話」が透けて見えてくる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

先住民考古学ワーキンググループ・第1回ワークショップ [研究集会]

先住民考古学ワーキンググループ 2016年度 第1回ワークショップ

日時:2017年1月28日(土)
場所:北海道大学アイヌ・先住民研究センター 会議室
13:00- 趣旨説明
13:15- 話題提供1 友田 哲弘(旭川市教育委員会)
13:45- 話題提供2 猪熊 樹人(根室市歴史と自然の資料館)
14:30- 話題提供3 八幡 巴絵(白老町アイヌ民族博物館)
15:00- 話題提供4 五十嵐 彰(東京都埋蔵文化財センター)

「返還問題から見る先住民考古学の位相 -返還考古学という視座-」と題して発表した。
話しの内容は、昨年の夏に行なわれたWAC-8における返還を巡る状況そして先住民考古学と植民地考古学の相互の関係など最近考えていることである。
一つの見通しは、アイヌ考古学―先住民考古学―植民地考古学―近現代考古学という階層の異なる入れ子状態の部分-全体関係である。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問