So-net無料ブログ作成

返還問題2017 [総論]

日本における返還問題のうち、先住民であるアイヌ民族への遺骨返還に至る最近の経緯がまとめられている(植木 哲也2017「補章 遺骨の返還を求めて」『新版 学問の暴力 -アイヌ墓地はなぜあばかれたか-』:271-316.)。

そこで問題となっているのが、象徴空間への集約をめぐって返還対象について持ち出された遺骨の個人が特定されたもので請求者が祭祀承継者であることを求める所有者側の「個人返還」と身元不明なものも含めて地域共同体であるコタンへの「地域返還」を求める請求者側との対立である。個人返還の立場を取れば、返還すべき遺骨は最小限に、「地域返還」の立場を取れば最大限になり、その格差は大きい。そして双方の思惑が複雑に絡み合っている。しかしこうした双方の意見を読みながら、何か根本的な原理原則が踏まえられていないような気がしている。

それは第1に「博物館が所蔵する先住民族由来の文化遺産の処遇を決定する権利は先住民族の側がもつこと」(吉田 憲司2011「史料・文化財はだれのものか -史料公開・文化財返還の問題-」『歴史を裁くことの意味』)である。こうした考え方が世界的な趨勢であることは、世界考古学会議での議論を始め多くの場で明らかである。
そして第2に「自分たち博物館は所有者ではなく、「管理者」であるということ」(同、吉田 憲司氏発言:113.)である。すなわち現在の所有者は本当の意味での所有権を有しているわけではなく、あくまでも借用しているのだという認識が欠かせないのである。現在の管理者である博物館・大学と返還を求めている先住民共同体は「返す・返さない」あるいは「どれだけどこまで返すのか」といった論点で対立するのではなく、平等な協力関係に基づいたガイドラインを構築すべきであり、その為には管理者側の従来の価値観に固執した硬直した認識を改めることが第一歩となる。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

セリエーション [総論]

セリエーションとは、何だろうか?
代表的には、以下のような説明がなされている。

「<学習目標&ポイント>
身辺の流行現象を見ればわかるように、モノは突如出現するわけでもないし、それ以前からあった同種のモノに直ちに置き代わるわけでもない。新しいモノは次第にあるいは急速に台頭し、それに合わせて、古いモノは次第に姿を消す。こうしたモノの変遷を視覚的・数量的に示す手法がセリエーションである。アメリカ考古学で開発されたこの手法を、具体例を挙げて解説し、日本における応用例から、その方法論的可能性を示す。」(上原 真人 2009 「セリエーションとは何か」『考古学 -その方法と現状-』放送大学教材:129.)

そしてペトリ―氏のSD法(Sequence Dating)、ディーツ氏のストンハム墓地墓標、坪井・横山両氏の山城木津惣墓墓標、鈴木氏の近世六道銭分析と型どおりの説明がなされている。
こうした説明に何か欠けているものがありはしないだろうか?

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

長田2014「国立市緑川東遺跡を石棒から読む」を読む [論文時評]

長田 友也 2014 「国立市緑川東遺跡を石棒から読む」『緑川東遺跡 -第27地点-』:157-165.

はじめに今年の2月19日に行われた公開討論会「緑川東遺跡の大形石棒について考える」自由討論の記録から。
「(山本 典幸)…今日の討論の最初に確認したい点があります。報告書の中で、長田さんが緑川東の事例を住居廃絶行為との関連から石棒の廃棄儀礼として解釈することに妥当性を見出しました(報告書p.159, 161, 164)。その一方で、彼は遺構内に石棒を並べて置く、ないし埋めておく(埋置)、そうした行為が石棒を日常的に安置する場であるのか、石棒を再利用するための一時保管場であるのか、遺構、石棒ともに廃棄されたものなのかなど、いずれも解釈が可能だと指摘しています。そして現状では限定的な意味づけは困難だと指摘されているわけです。」(『東京考古』第35号:4-5.)

自由討論における前半での発言である。発言者は自らの発言の前提として考古誌に掲載された当該論文について以上のように要約した訳だが、これではその論文がSV1を「廃棄儀礼として解釈」したのか、それとも「いずれも解釈が可能」としたのか、よく分からない。果たしてこのような要約が適切なのか、当該論文を改めて読んでみよう。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

緑川東の最終問題 [痕跡研究]

「五十嵐さんから、廃棄時説の根拠として、石棒の出土範囲に敷石が認められない、石棒は想定される床面下にめり込む状態である、大きめの土器片や破損した扁平礫が石棒上に存在した、石棒直下の土器片と覆土下部の土器片が接合した、という四つを挙げて頂いたのですが、私たちの理解としては、この四つをわけて考えているわけではなくて、基本的にこの四つの状況証拠を合わせるかたち、特に三点目ですけれども、状況証拠の合わせ技で一本、という立ち位置にあると思います。(中略)
一方で敷石の除去に関しては、遺物の出土状況からは確証が得られない。まあ、接合ですよね。一部の敷石に剥がされた石なんかが周辺からくっ付けば、かっこいいのですが、それはなかった。しかし、接合礫02・04・10・12などの床面レベルと壁ぎわ上部での接合が認められる点、遺物分布図(資料集p.20, 報告書第82図)に示しましたが、そういう接合事実が弱いけれども状況証拠としてある。さらには石棒上に投入されていた大形の接合礫09・53は、除去された敷石の可能性を有するのではないか、といった状況証拠もあります。」(黒尾 和久2017「自由討論記録」『東京考古』第35号:3.)

「かっこいい」とか「かっこわるい」といった問題ではないと思うが、それはさておき「特に三点目…」と強調された「石棒上の扁平礫」について考古誌の記載を見てみよう。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問