So-net無料ブログ作成
検索選択

緑川東の最終問題 [痕跡研究]

「五十嵐さんから、廃棄時説の根拠として、石棒の出土範囲に敷石が認められない、石棒は想定される床面下にめり込む状態である、大きめの土器片や破損した扁平礫が石棒上に存在した、石棒直下の土器片と覆土下部の土器片が接合した、という四つを挙げて頂いたのですが、私たちの理解としては、この四つをわけて考えているわけではなくて、基本的にこの四つの状況証拠を合わせるかたち、特に三点目ですけれども、状況証拠の合わせ技で一本、という立ち位置にあると思います。(中略)
一方で敷石の除去に関しては、遺物の出土状況からは確証が得られない。まあ、接合ですよね。一部の敷石に剥がされた石なんかが周辺からくっ付けば、かっこいいのですが、それはなかった。しかし、接合礫02・04・10・12などの床面レベルと壁ぎわ上部での接合が認められる点、遺物分布図(資料集p.20, 報告書第82図)に示しましたが、そういう接合事実が弱いけれども状況証拠としてある。さらには石棒上に投入されていた大形の接合礫09・53は、除去された敷石の可能性を有するのではないか、といった状況証拠もあります。」(黒尾 和久2017「自由討論記録」『東京考古』第35号:3.)

「かっこいい」とか「かっこわるい」といった問題ではないと思うが、それはさておき「特に三点目…」と強調された「石棒上の扁平礫」について考古誌の記載を見てみよう。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問