So-net無料ブログ作成
検索選択
遺跡問題 ブログトップ
前の10件 | -

埋蔵と包蔵はどう違うのか(下) [遺跡問題]

「九十二条第一項では埋蔵文化財について、「土地に埋蔵されている文化財(以下、埋蔵文化財という)」と記し、分類をせず包括的に扱っている。土木工事に伴う届出を規定している九十三条第一項では、「貝づか、古墳その他埋蔵文化財を包蔵する土地」と若干の例示を加えている。」(高橋一夫2007「埋蔵文化財としての遺跡」『考古学ハンドブック』:34.)

こうした文章で読者に伝えようと意図していることは、何なのだろうか。
「埋蔵文化財」すなわち「土地に埋蔵されている文化財」である(92条)。
「包蔵地」すなわち「埋蔵文化財を包蔵する土地」である(93条)。
両者を掛け合わせると
「包蔵地」すなわち「土地に埋蔵されている文化財を包蔵する土地」である。
まず「土地」があって次に「埋蔵」されている「文化財」があってさらにこれを「包蔵」する「土地」がある。
上から読んでも、下から読んでもといった「山本山」みたいな文章である。
そして判らないのは「埋蔵」と「包蔵」の違いである。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

埋蔵と包蔵はどう違うのか(上) [遺跡問題]

「埋蔵文化財は、大局すれば遺跡と遺物とに分けられる。
遺跡は、過去の人々の痕跡をなしている土地および土地と一体をなしている諸地物を指し、遺物は、過去の人々の所産のうち通常土地から切り離して、いわば動産として扱われるものである。しかし、遺跡と遺物の区分はそれほど本来的なものではなく、遺跡の中には遺物がいっしょに存在しているのが通常であるし、遺跡と考えられるものも調査による解体等によって個々の遺物に姿や性質を変えてしまうものもある。
通常の用法としての「遺跡」という言葉は、これらの文化財(法第二条にいう遺跡や有形文化財)が所在している土地を指して使われることが多いのであるが、文化財保護法の埋蔵文化財の章においては、「遺跡」は、むしろ通常の用法における「遺構」に近いものを指している。」(和田勝彦1979「文化財保護制度概説」『文化財保護の実務(上)』柏書房:第三 文化財保護法 第五章 埋蔵文化財 一 埋蔵文化財およびその保護制度の沿革 (一)埋蔵文化財の性格:137.)

「文化財保護法の埋蔵文化財の章においては、「遺跡」は、むしろ通常の用法における「遺構」に近いものを指している」という文章のみを切り取って読めば「ギョッ」とするが(文化財保護法の「遺跡」には「遺物」は含まれないのか?とか)、全体を読めば何のことはない、「埋蔵文化財」は土地と一体である「遺跡」と動産である「遺物」からなり、この「遺跡」を「通常の用法における「遺構」」に置き換えれば、埋蔵文化財は「遺物」と「遺構」からなり、これは通常の用法における「遺跡」に相当する訳である。何やらトンチ話しのようである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

「包蔵地」という用語 [遺跡問題]

『日本考古学事典』(田中・佐原編2002)というのがある。
「包蔵地」という用語を引いてみよう。
「包蔵地 →埋蔵文化財」(805.)
「埋蔵文化財」という項目で「包蔵地」に関係する箇所を見てみる。
「文保法では「埋蔵文化財を包蔵する土地」を埋蔵文化財包蔵地(以下、包蔵地という)と呼んでいる。これは考古学でいう*遺跡にほぼあたる。」(田中2002:824.)
それでは「遺跡」の箇所では、どうだろうか。
「文化財保護法の埋蔵文化財包蔵地は考古学でいう遺跡にほぼ相当するが、その史跡は遺跡に加えて当初の機能をなお保持している寺院・家屋・墓地などをあわせたものであり、また、同法にある遺跡は考古学でいう遺構に近い意味になる。」(田中2002:35.)

こうした理解、すなわち「考古学でいう遺跡を文化財保護法という法律用語(行政用語)では包蔵地と呼んでいる」というのが、「包蔵地」という用語の一般的な用法だと思い込んでいた。
ところが、ある人から「包蔵地」という用語の異なる用法を教わった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

<遺跡>の存立基盤とは [遺跡問題]

近くの小学校で行われた「作品展」なるイベントに出かけたことがあった。会場の一角には、「遺跡」と題された作品群があった。概ね崩れかけた家屋やピラミッドのようなものに砂やら泥をこすりつけたようなイメージで構成されていた。これが私たちの抱いている一般的な<遺跡>イメージなのであろう。ある複雑な思いをもって、そうした作品を鑑賞することになった。

何故か。
それは、私たちが<遺跡>問題を通じて、「<遺跡>の本質的な無根拠さ」を確認してしまったからである。
そしてその結果として、私たちの<遺跡>に関する「常識は効力」を失ってしまっているからである。

それでは、そうした<遺跡>なるものは、いったいどのような存在なのだろうか?
そして、今後どのようなものとしてイメージされていくのだろうか?

続きを読む


タグ:<遺跡>
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

<遺跡>問題の社会学的根拠 [遺跡問題]

「そうだとすれば、われわれは別の方法に賭けてみよう。<性>を再生産する正当化―フィードバックというループを、内部から瓦解させること。具体的には、次々に持ちだされる正当化の根拠に対して、どうしてそれが根拠になるのかを、あくまでも問い続けるのだ。 (中略)
男が稼ぎ、女が家庭を守るべしとされているのはなぜか。
それは、そう決まっているからだ。
それじゃ説明にならない、そうした規範の根拠を問うているのだ。
それは……それが伝統であり、男女の生まれつきの性質に適ったやり方だからだ。
ならばさらに問う、なぜ伝統に従わなければならないのか、生まれつきの性質に従わなければならないのか。
それは……それはあたりまえのことではないのか。そんなことに疑問を持つ方がおかしい……。
これはもはや問いに対する不十分な解答でさえなく、問いそのものの否定にすぎない。
日常世界に流通する常識の根拠を問い続ける思考は、いずれそのような壁にぶつかるはずである。そのように、次々に重ねられる問いに対して、常識の擁護者たちがもはやそれ以上の答えを返せなくなるとき……そのとき、はじめは堅固にみえた行為の正当化の根拠は、実はそれ自体が人々のつくりだした観念にすぎないこと―そのような意味での根拠を<根拠>と書くことにしよう―があらわになるだろう。」(加藤秀一1996『性現象論』:12-13.)

続きを読む


タグ:<遺跡>
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

<遺跡>問題現況 [遺跡問題]

「線引きのことは、文化庁の通達による指導で出てきましたけれども、しっかりとした根拠なしでやることはできない。根拠なしでやるのは行政の実行段階でのまずさということになります。埋蔵文化財の性質・宿命として、埋まっているから普段は見えないので調べないとその範囲がよく分からないという包蔵地と既に範囲などがよく分かっている包蔵地が出てしまいます。その場合でも分からないから適当に線を引いておけばいいということは今後はますます許されなくなっていくでしょう。情報公開もそうだろうし、アカウンタビリティ、説明責任もそうです。「どういう根拠でこの線をこう引いたの?」と聞かれたら答えなければいけない。「私の考古学的な知見によれば、ここで遺構が出たらここまで続くはずである」とか「台地はここまで行ってるんだから、ここで遺構がでたら、この台地の外れまで入れるのが考古学の常識だ」ということが説明責任として許されるかどうか。たぶんそんな主観的な根拠ではダメです。」(和田勝彦2006「周知の埋蔵文化財包蔵地の特定について」『埋蔵文化財行政研究会 研究発表論集』第10集:15)

「考古学の常識」とは、「ここで遺構が出たら、あそこまで続くはずだ」といった事柄だけではないはずである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

<遺跡>認識昨今 [遺跡問題]

『遺跡保存の事典』 三省堂 1990年6月25日:文化財保存全国協議会 編
「遺跡とは、過去の人間の生活・行動の痕跡であり、一定の空間・物質的資料をもつ場所そのものである。」(p.10)
「考古学研究者や歴史愛好者、文化財保護行政機関は、地表に散布した遺物、遺構、過去の地名・記録・伝承によって、遺跡を発見し、調査する。そして遺跡調査カード、市町村史、遺跡地名表、遺跡地図に記されて、「周知の遺跡」(登録遺跡)となるのである。
日本全国の遺跡は、表のように約二九万箇所あり、未調査の土地や近世~現代に形成された遺跡を加えれば、実数は四○万箇所を超えるだろう。」(p.12)

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

<遺跡>≒雲説 [遺跡問題]

薄い雲、厚い雲。
ある所は薄く、やがて次第に厚くなっていく雲。
途切れ途切れの雲。規則正しく並ぶ雲。
ポツンポツンと散在している雲。
一筋だけ道のように走る雲。

徐々に密度を増しながら、やがて一面の雲へと連なっていく。
どこから、どこまでなどということは、言えない。
気が付いたら、雲の中にいる。

雲海。そこにも、一様な雲は、ない。
ある所は厚く盛り上がり、ある所はへこんでいる。
筋が幾重にも出来ている箇所がある。
大きく畝のようになっている箇所がある。
窓のようにぽっかりと穴が開いている場所がある。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

器官なき身体 [遺跡問題]

限りなく最低賃金に近い数字で泥だらけになりながら働いている我が愛すべき「ジョーンズ」たちから、宿題をいただいた。

「丘に掘られた横穴は遺構ですけど、その丘は遺跡ですか?」

う~ん、これは難問である。
崖から10m横に掘られた地表面から5m下の横穴は、平面図では点線で記されるだろう。横穴直上の場所が横穴構築から全く人為的な活動がなされずに何の痕跡も記されなかったとしたら、そのエリアにおける地表面上の人為痕跡は、横穴の開口部分だけということになる。

あるいはそれが網の目のように広がる防空壕だったら、どうなるか。
足元に広がっている(かもしれない)未だ知られることのない過去の痕跡群。

続きを読む


<遺跡>は幾つあるのか [遺跡問題]

「今、1年間に1万件ほどの遺跡を全国で掘っており、その絶対多数は、調査が終わるとなくなってしまいます。・・・遺跡がなくなって考古学が滅びるのが先か、資料を研究者が扱わなくなって考古学が滅びるのが先か、気がかりです。」(佐原真1997「喜びと悲しみの学問」p.7)という文章があった。
あるいは「日本に存在する遺跡の総数は数え方や分布調査の進展などによって、年々増加しているが、おおよそ30万ヶ所以上といわれている。だが、1年間に1万件近くの調査が行なわれている昨今の実状からすると、あと数十年で日本の遺跡は壊滅する恐れがある。」(鈴木公雄1997『考古学がわかる事典』p.253)ともされている。

本当にそうなのだろうか?

続きを読む


前の10件 | - 遺跡問題 ブログトップ