So-net無料ブログ作成
論文時評 ブログトップ
前の10件 | -

長澤2011「日韓会談と韓国文化財の返還問題再考」 [論文時評]

長澤 裕子 2011 「日韓会談と韓国文化財の返還問題再考 -請求権問題からの分離と「文化財協定」-」『歴史としての日韓国交正常化Ⅱ脱植民地化編』法政大学出版局:205-234.

抜き刷りを頂いた(長澤 裕子2017「解放後朝鮮の対日文化財返還要求と米国 -日本の敗戦から対日講和条約締結まで(1945~1951)-」『朝鮮史研究会論文集』第55集:113-146.)。しかしまずはこちらを読んでおかないと、ということで今回はこちらを。

「…韓国文化財の問題が、日韓会談の最大争点である請求権問題のなかでいかに位置づけられたかという問題を中心に考察したい。とくに、日本側が韓国文化財の政策を決定する過程とその根拠を、請求権の枠組で分析する。そのため、先行研究の焦点が集中した文化財小委の開催期の1958年以降だけではなく、予備会談開催時の1951年にまでさかのぼり、そこから1965年の「文化財および文化協力に関する日本国と大韓民国との間の協定」(以下、「文化財協定」と略す)の締結までの期間全般を考察する。さらに「文化財協定」については、「両国間の文化交流、文化協力」という「大きな見地」の「一環として」、「文化財返還問題が文化協力問題の一環に矮小化」された「日韓の外交の妥結点」として見る。そして、「歴史観の欠如」した日本側を相手に、韓国側が文化財の「返還」を保証しない協定に合意した理由と過程を再考する。これらの作業は、いまもなお存在する文化財問題における日韓会談の位置づけを考えるために必要な試みと考える。」(205-6.)

続きを読む


タグ:文化財返還
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

吉田ほか2017「未来考古学 第1回 ペットボトル」 [論文時評]

吉田 泰幸+編集部 2017 「未来考古学 第1回 ペットボトル」『縄文ZINE』第7号、ニルソンデザイン事務所:24.

論文というよりエッセイというか、B5版1ページに満たない実測図つきの短文である。
吉田 泰幸氏は、金沢大学の文化資源学セミナーで中心的な役割を果たされていた。

「金属製長方形祭壇に伴う容器型製品が発見された「みなとみらい遺跡」は、人工的な地層に形成された遺跡である。地層は2000年代前後に作られ、比較的年代を推定しやすい。このころの二ホンはエド期という安定期が終わってすぐの時代で、短い期間に革命や戦争が立て続けに起こったため、混乱期だったと言えるだろう。そうした不安定な時代の精神的側面を支えていたのが容器型製品であるというのは、4000年代の研究者によってすでに指摘されている。」

ということで、今から何千年か後の未来の考古学者が現代の物質資料を考古学的に観察したらどうなるかということを真面目に?論究したものである。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

東村2013「アイヌの頭蓋骨写真報道が意味するもの」 [論文時評]

東村 岳史 2013 「アイヌの頭蓋骨写真報道が意味するもの -過去の「露頭」の発見と発掘-」『国際開発研究フォーラム』第43号:1-16.

「各地の報道の仕方に感じられるのは、その地域でははじめての発掘・発見で地域特性を示すから貴重という持ち上げ方である。これは児玉の「アイヌは白色人種である」という主張を報じた記事(『毎日新聞』北海道版1954.6.23)にある、「体質に現われた地方差」を解明しようとする人種主義的視線とも合致する。このような持ち上げ方なら、各地でアイヌ人骨が発掘されればされるほど研究に役立つという論理しか出てこないだろう。「道内に散在する遺跡を片っぱしから発掘すること」の正当化は児玉以外の記事でも肯定的に適用される。児玉はその代表格ではあるものの、児玉のみのことではなく、他の研究者も新聞社も共犯関係である。」(7.)

前々回記事「返還問題2017」【2017-09-30】で言及したように、私はかつての児玉研究室の写真を見て「これみよがし」という感想を抱いたが、これまた現時点だから言い得るもので、当時はそうしたことを想起したひとは殆どおらず、たとえ居たにしてもそのことを文字に記すことはなかったことを、当時の新聞記事を通じて確認することができた。
ある意味で「今だから言える」物言いではあるが、だからこそ「今こそ言わなければならない」物言いでもあると思う。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

長田2014「国立市緑川東遺跡を石棒から読む」を読む [論文時評]

長田 友也 2014 「国立市緑川東遺跡を石棒から読む」『緑川東遺跡 -第27地点-』:157-165.

はじめに今年の2月19日に行われた公開討論会「緑川東遺跡の大形石棒について考える」自由討論の記録から。
「(山本 典幸)…今日の討論の最初に確認したい点があります。報告書の中で、長田さんが緑川東の事例を住居廃絶行為との関連から石棒の廃棄儀礼として解釈することに妥当性を見出しました(報告書p.159, 161, 164)。その一方で、彼は遺構内に石棒を並べて置く、ないし埋めておく(埋置)、そうした行為が石棒を日常的に安置する場であるのか、石棒を再利用するための一時保管場であるのか、遺構、石棒ともに廃棄されたものなのかなど、いずれも解釈が可能だと指摘しています。そして現状では限定的な意味づけは困難だと指摘されているわけです。」(『東京考古』第35号:4-5.)

自由討論における前半での発言である。発言者は自らの発言の前提として考古誌に掲載された当該論文について以上のように要約した訳だが、これではその論文がSV1を「廃棄儀礼として解釈」したのか、それとも「いずれも解釈が可能」としたのか、よく分からない。果たしてこのような要約が適切なのか、当該論文を改めて読んでみよう。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

佐藤1989「植民地の「開発」は侵略の手段である」 [論文時評]

佐藤 正人1989「植民地の「開発」は侵略の手段である -”アジア侵略の理想とエネルギイの復権”を阻止するために-」『アジア問題研究所報』第4号:3-24.

「「いわゆる「王道楽土」は、欺瞞的なものであったと烙印をおされているが、そう簡単に見棄てられぬものがあったのではないか。結果として「満州国」は、中国側から言う「偽国」におわったが、その過程には、多くの理想とエネルギイが投入されたのだから、そのすべてを無益にしたくはない。当然、ある部分については復権を考えてみる必要がある」
「日本国民のかなりの部分が、植民地生活の体験をもっている。植民地でうまれた世代も成長している。彼らのそれ自体として自然な郷土喪失感(?)が、放置され、屈辱に押し込められている現状は、正常ではない」(「満州国研究の意義」、『週刊読書人』1963年10月21日号)。
中国東北部を侵略した日本人の「理想とエネルギイ」なるものの一部分を「復権」したいという恥知らずな妄言を、日本経済の高度成長が開始された時期にのべていたのは、当時「満州国研究会」という小グループ活動をやっていた竹内好という日本ナショナリストの一人である。」(3.)

良心的と信じ込んでいた知識人に対する幻想が吹き飛んだ瞬間である。
本論の論旨は、全て表題の一文に凝縮されている。
佐藤氏には、10年前のセミナーで発表していただいた。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

岡本2017「縄文の原則」 [論文時評]

岡本 孝之 2017 「縄文の原則」『郵政考古紀要』第67号(通巻76冊)、大阪・郵政考古学会:1-15.

「縄文を誤解する風潮はずっと続いている。九州有文土器文化や西日本無文土器文化を縄文視するなど、なんでもかんでも縄文とするのは、日本国の領土と一致させる以外に理由はない。地域性をキーワードとして違いを理解することは、前提としての日本国の領域があってその辻褄を合わせているだけのことである。弥生の東西の差異を地域性とする指摘も同じで、できるだけ広い領域を取りたいだけのことであり、真摯に縄文・弥生を考察したものではない。強調される多様性、地域性という指摘はことばの罠である。」(10.)

ということで、「縄文の原則」(2.)として以下の9ヶ条が示される。
1.縄文の理想 原始(縄文)は、民主、平等、共産の社会であること
2.古代の否定 原始(縄文)は、古代(弥生)に否定される
3.弥生への疑問 古代(弥生)以降の支配隷属関係(階級制)を疑うこと、文明を疑うことである
4.戦争の廃絶 戦争は文明であり、その廃絶は原始(縄文)の立場からしか達成できない
5.縄文の発見 近代考古学は、原始(縄文)を発見した
6.考古学の意義 考古学は原始、古代、近代の全歴史を総括できる唯一の科学である
7.近代は未完成 近代は、未完成であり、原始(縄文)像もまた、未完成である
8.近代の否定 未完成の近代は、原始(縄文)を受け入れず、誤解し、無視するだけでなく、考古学においては弥生に発展するとして縄文の理想を否定する
9.縄文の復権 原始(縄文)の世界観にたつこと

続きを読む


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

小杉2017「遺跡形成論と遺跡化分析」 [論文時評]

小杉 康 2017 「遺跡形成論と遺跡化分析 -縄文草創期後半における「相対的な定住性の高まり」仮説の再検証-」『理論考古学の実践 Ⅰ 理論編』安斎 正人 編、同成社:228-258.

まず簡単な経緯を記しておこう。
1986~88:日影山遺跡発掘調査 → 1989:同報告
1988:TNT No.200遺跡第1次調査 → 1989・1996:同報告
1994~96:TNT No.200遺跡第2・3次調査 → 2002:同報告
2006:及川「撚糸文期住居跡が崩れた」
2017:小杉「遺跡形成論と遺跡化分析」

2006年に10年前に自らが携わった<遺跡>調査の報告について自己批判を行なった及川2006では、およそ20年前になされた自組織の調査報告および近隣の調査事例として日影山の報告についても検討された。
その際に及川氏は、五十嵐1999「遺跡形成」(2004a「遺跡形成」)・2004b「考古記録」・2004c「痕跡連鎖構造」などを参考に「遺跡形成論」や「考古記録」について述べられていた。今回の小杉2017では、こうした点についてシファーの「行動考古学」や「文化的形成過程」に関する五十嵐の理解が、「正確ではない」(242.)あるいは「何が説明されたのかよくわからない」(244.)として、自らの「考古学的資料の形成過程」と題する挿図を提示されている。小杉氏には、私の至らない理解を正して頂いた点を謝すると共に、ご迷惑をお掛けした及川氏に対してお詫び申し上げたい。

そこで改めて確認したいのは、以下の2点についてである。
1.及川2006の日影山遺跡報告批判によって、小杉1989(「日影山遺跡における石器経営の解明に向けて」『真光寺・広袴遺跡群Ⅳ』:373-396.)は影響を受けるのか?
2.今回の小杉2017による及川2006批判によって、及川2006自体は影響を受けるのか?

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

山本2017「マテリアリティとしての敷石とその場所が創る特異な景観」 [論文時評]

山本 典幸 2017 「マテリアリティとしての敷石とその場所が創る特異な景観 -縄文時代中期終末の石棒を残す敷石遺構-」『理論考古学の実践』Ⅱ 実践編、安斎 正人編、同成社:204-234.

「前稿の註8(山本典2016a:225-226)で、緑川東遺跡の敷石遺構SV1の機能や大型石棒のライフサイクルに関する問題提起に加えて、それらの分析経過と予測を述べた。少し長いが、一部の文章を入れ替えるとともに遺構名や遺物名、挿図の引用箇所などを補足した上で、以下に示す。」(206.)
として、旧稿の文章がほぼそのまま再録されている。その旧稿の文章については、五十嵐2016「緑川東問題」:17.にて、以下のように述べた。
「「まるで置かれていたかのような状態」とは、「置かれていたように見えるが、実は置かれていない」という理解を示している。「4本のほぼ未使用と推測された」という根拠も不明である。」(五十嵐2016:17.)

ところが、こうした事柄に関する応答は記されていない。というより五十嵐2016「緑川東問題」という論稿そのものに関する言及が一切なく、「引用・参考文献」にも挙げられていない。引用・参考に値しないとの判断なのだろう。同じような主題である前回紹介した中村2017と大きく異なる点である。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

中村2017「縄文時代中期末葉から後期初頭柄鏡形住居床面の石棒・土器・屋内土坑」 [論文時評]

中村 耕作 2017 「縄文時代中期末葉から後期初頭柄鏡形住居床面の石棒・土器・屋内土坑 -国立市緑川東遺跡SV1をめぐって-」『史峰』第45号、新進考古学同人会:1-18.

「その後、当該事例については多くの研究会や論文などで取り上げられたが、2016年になり、五十嵐彰(2016)が敷石構築時の石棒設置の可能性を提起した。つまり、a:一般的な敷石住居のb:廃絶後に、c:敷石が除去されて石棒がd:廃棄されたとする報告者の見解に対し、五十嵐は、b':当初から石棒をd':並置するa':特殊施設としてその部分にc':石を敷かずに構築されたという見方もできることを示した。この背景には、五十嵐が考古時間論、部材論(遺構/遺物論)など考古学的な思考方法を理論的に議論してきたことがある(五十嵐2011など)。」(1.)

問題提起に至る背景にまで言及して頂き、有り難いことである。

続きを読む


タグ:緑川東問題
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

鈴木2007-2009「樹立される石棒」 [論文時評]

鈴木 素行2007・2008・2009「樹立される石棒(上)・(中)・(下) -石棒研究史を学ぶ(中編)-」『茨城県考古学協会誌』第19号:23-53. 第20号:15-44. 第21号:55-91.

「とかく人は、「石棒」を立てたがる」(2007:23. 2008:15. 2009:56.)をキーワードに3年ごしで掲載された研究史である。
男性考古学者が、いかに石棒の「樹立」にこだわっていたか、延々と記されている。亡き恩師も名前を連ねていて切ない(2009:56.)

「石棒研究史を辿りながら、検討のために本稿が準備した視点は、「石棒」が立てられていたと考える根拠に確実な事例はあるのか、立てられていた確実な事例の「石棒」は完形であるのか、という2つに要約される。(中略) 石棒研究史に登場した事例を逐一に検討してみたが、「石棒」が完形のまま立てられていた事例は無く、破片が頭部を上にして立てられていた確実な事例も認められない。写真で目にするこのような光景は、ことごとく近世以降の民間信仰と現代の研究者により創造されたものであった。事例ごとの想定と創造が積み重ねられて、「石棒」は立てられていたことが議論の前提として固定する。完形の「石棒」の法量と形態の印象のみが先行して、小破片についても「直立」「樹立」「屹立」などと形容されることにもなった。」(2009:76.)

衝撃的な内容である。ここで述べられている「想定と創造」は、言い換えれば「捏造」と紙一重である。
ただ「樹立される石棒」ではやや婉曲的で意味が判りづらい。個人的には「バイアグラな男たち」とでもしたいが。

続きを読む


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | - 論文時評 ブログトップ