So-net無料ブログ作成
捏造問題 ブログトップ
前の10件 | -

富山遺跡(曲解・変遷) [捏造問題]

「2002年の10月23日、筆者はパリの古人類研究所にド・リュムレイ教授を訪ね、久闊を謝すると共に日本旧石器研究についての意見を交換する機会をもつことができた(図6 ド・リュムレイ教授と芹沢)。旧石器時代遺跡の年代決定について、私の場合はまずその遺跡を基盤まで掘り下げて層序を確認し、地質学上の位置を専門家に決定してもらい、最後に物理学的方法による年代測定を依頼する。たとえば星野遺跡の場合などは、36年かかったことになるという筆者自身の経緯を聞いていただいたあとで、次のような質問をしたのであった。それは、最近、日本の若い研究者の中には、旧石器時代の遺跡の年代はタイポロジーだけで決定できるという考えをもつ者がいる。たとえば、山形県の富山遺跡の場合には、発見された石器の形がフランスのテラ・アマタ遺跡の石器と共通する特色をもっているから、富山遺跡の年代はテラ・アマタと同じく約30万年前と考えられると主張している。
しかしながら富山遺跡の石器出土層は層位による年代測定が困難であるといわれており、年代測定によってもまだ好結果は得られていない。それでもなお、石器のタイポロジーから年代を決定するという考え方についてどう思われるか、という筆者の質問に対して、しばらく教授は考えておられたが、テラ・アマタと日本の遺跡とは今でこそ航空機に乗れば12時間で行けるが、旧石器時代の人間がテラ・アマタから日本まで歩いて行ける筈はないし、中間地帯のことを考えても、そのような年代決定の方法は全くありえないことだ、と強い調子で答えられた。そしてそのあと、そのようなことを言っているのは一体誰か、と訊ねられた。個人名を出すつもりはなかったので返事をためらっていると、繰り返して3度聞かれたので、それは竹岡俊樹という人物だと答えた。すると教授は「その人の論文は読んだことがあります、しかしただそれだけのことです。」と首を左右に振りながら言われたのであった。」(芹沢 長介2003「前期旧石器研究40年」『考古学ジャーナル』第503号:13.)

続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

富山遺跡(研究史・研究姿勢) [捏造問題]

ある主題について研究を進める上で、手順というものがあるだろう。
ある<遺跡>について論じる場合にも、求められるやり方というものがあるだろう。

1998年に山形県埋蔵文化財センターは、『富山遺跡発掘調査報告書』を刊行した。
これは日本の旧石器時代遺跡について、公的機関が「前期旧石器時代でもそう新しくない段階」「実年代では約30万年前ころに相当する」(126.)と結論付けた数少ない報告である。
こうした評価を巡って、論争が行われている。

A:必須文献(富山遺跡を論じるうえで、目を通しておかなければならない文献)
まずは前期旧石器なのか縄紋なのか、真っ二つに分かれている富山遺跡を主題とした文章群を読まなければならない。特に、ある論に対する反論が提出されている場合には、どの部分がどのように論じられて、それがどのように反論されているかを確かめながら、順次論の展開を確認する必要がある。
*竹岡 俊樹1998「富山遺跡Ⅱ3G層出土の石器文化」『富山遺跡発掘調査報告書』付編:1-9.
*阿部 祥人2000「富山遺跡の「前期旧石器時代」説 批判」『山形考古』第6巻 第4号:23-32.
*竹岡 俊樹2001「石器真偽判定「前期旧石器」観察記」『SCIENCE OF HUMANITY BENSEI』第34号:148-175.
*阿部 祥人2004「富山遺跡の「前期旧石器時代」説をめぐって -竹岡俊樹氏の反論にこたえる-」『山下秀樹氏追悼考古論集』:9-14.
*竹岡 俊樹2005「山形県寒河江市 富山遺跡」『前期旧石器時代の型式学』学生社:8-44.
*竹岡 俊樹2014「批判の仕方 -富山遺跡について-」『考古学崩壊』勉誠出版:224-233.

これら論争当事者の文献は、いずれも富山遺跡の評価を定めるうえで欠かせないものであり、「どうでもよかった」などといって済ませられる性格のものではないだろう。ましてや論争の当事者にとっては。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

富山遺跡(承前・年代測定) [捏造問題]

竹岡俊樹2014『考古学崩壊』の「批判の仕方 -富山遺跡について-」(224-233.)と題された箇所は、阿部祥人2004「富山遺跡の「前期旧石器時代」説をめぐって -竹岡俊樹氏の反論にこたえる-」と題する自らに向けて発せられたメッセージを読むことなく執筆されたことが、本人によって明らかにされた。その理由は、「阿部氏の批判などどうでもよかった」というものである。学問研究をなす者としての基本的な姿勢に問題を感じる。
また同書中の「阿部は実際の資料を見ていない」(竹岡2014:232.)という文章は、実は「石器を見る力のない者が実際に石器を見てもそれは見たことにはならない」ということを意味するらしい。あきれ果てた。これでは、氏を相手に「まっとうな議論や論争がなされたことがない」(232.)というのも頷ける。

第4章「捏造発覚後の研究者たちの意見」(121-123.)では、岡村道雄2001「日本列島の前期・中期旧石器研究の展望」『検証 日本の前期旧石器』春成秀爾編、学生社:45-62.がやや詳しく紹介されている。所謂「岡村8条件」である。なお竹岡2014:123.では、更に「砕片の出土」が加わり「9条件」となっている。

「岡村がシンポジウムでこの発表をした、2001年1月(本の出版は5月)当時では、岡村の反論は説得力を持ち、多くの研究者たちが納得した。しかし、結局、藤村が石器を埋めた円形の分布の範囲内だけからナウマン象などの動物由来の脂肪酸が検出され、その分布の中心に炉があったことになる。岡村が根拠としたこれらの「科学」とは何だったのだろうか。」(竹岡2014:123-124.)

こうした文章に引き続いて記されているのが、「使用痕」、「脂肪酸分析」、そして問題の「年代測定」についてである。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

捏造(プラシーボ) [捏造問題]

「芹沢 杉原先生がこういうものを疑うのは金木でこりているのです。(笑)
 杉原 いや、いいこり方をしたと思っています。
 芹沢 「羹(あつもの)にこりて膾(なます)を吹く」です。(笑)
 加藤 たしかに金木は私たちにいろいろなことを教えてくれます。
 杉原 わりあいに初歩の段階でぶつかったものですから。
 芹沢 それ以来、もうこういうことをやらないのです。(笑)」
(『シンポジウム 日本旧石器時代の考古学』1977、学生社:193.)

今から37年前の1974年6月に交わされた会話である。短いやり取りの中で3回も出てくる(笑)という表現記号から、発言者の心理状態、発言した際の微妙なニュアンス、発言を投げかけられた側の表情までもが目に浮かぶ、ある意味で極めてモニュメンタルな一場面である。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

最古の心性 [捏造問題]

本日は、発覚9周年の記念日である。

振り返るべき定点は、本ブログでも何度か言及した(【2005-10-01、2007-10-15】)岡村リスト(岡村1987「前期旧石器研究の到達点」)である。
私たちに課題として残されているのが非藤村資料18石器群の扱いなのだが、さて現状での位置づけは?

「現在の日本列島には「捏造遺跡」を除いても、後期旧石器時代を遡る可能性を有する遺跡が20ヵ所程度確認・報告されている。それらの様相について、現段階で判明している限りの情報にもとづき、暫定的に配列したのが表1である。いずれの遺跡も確定的な位置づけを有しているわけではないが、可能性を積極的に評価している。」(佐藤宏之2006「遺跡立地からみた日本列島の中期/後期旧石器時代の生業の変化」『生業の考古学』同成社:17.)

岡村リストと20年後の佐藤リストを比較検討することに、何らかの意義を認めることができるだろう。

続きを読む


タグ:前期旧石器
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

回想(総括-6) [捏造問題]

本ブログ【05-11-03】「回想(1997)」においても、日本考古学の孤立化現象、訳書率の低さなどを述べ、世界の研究潮流に対応する必要性を強調したが、ことはそう単純なものではない。

「35万年前の長尾根遺跡に住んだ人類は、年代的に見て旧人の可能性がより高くなる。この時期(前期旧石器時代末から中期旧石器時代初め)には、人類のより複雑な行動を示す考古学的証拠がアフリカ、ヨーロッパでも増え始める(Rolland1999)。この点で、日本列島での最近の一連の発見は、既存の証拠と決して矛盾するものではなく、従来の証拠の解釈の変更を迫るものと言える。」(山田しょう2000「世界の中の小鹿坂、長尾根遺跡」『秩父市制施工50周年記念 前期旧石器フォーラム -秩父原人 その時代と生活-』p.31)

該当論文で挙げられている7本のイギリス語・イタリア語の諸論文を読み込んで、反論するのは、今現在でも容易ではない。
それは、他の文章においても同様である(佐川正敏1997「日本列島最古の遺跡、最初の人々」『ここまでわかった日本の先史時代』角川書店:50-99、佐川正敏1999「北方ユーラシアの中期旧石器を考える」『北方ユーラシアの中期旧石器を考える -石器からみた現生人類の起源-』(奈良国立文化財研究所助成研究集会報告論集):109-114)

続きを読む


回想(総括-5) [捏造問題]

どう考えても、検証の検証が必要である。あるいは検証の検証をなすべき前に、検証の中において、検証の検証が必要であったと言うべきか。

具体的には、「青葉山E地点7b層上面出土資料」。

続きを読む


回想(総括-4) [捏造問題]

世に言う「ブラック・リポート」、またの名を「協会黒書」(日本考古学協会2003『前・中期旧石器問題の検証』)によって、全ての検証が終了したわけではない。

「本書が前・中期旧石器問題の終焉を告げるだけにとどまらず、今後の研究を展望しつつ、新たなる出発点の礎となることを切望するものである。」(小林達雄2003「序」同書)

ここで「終焉を告げ」られたのは、あくまでも真贋の部分に関してのみ、すなわち第1考古学に関してのみであり、その事柄をもとに展開された研究・方法・解釈など、すなわち捏造問題の第2考古学的側面に関してはほとんど手付かずといってよい。ものに止まることなく、ものから組み立てる考え方、それが第2考古学の研究対象であり、それが放置されているのである。

続きを読む


回想(総括-3) [捏造問題]

単独犯行説と複数犯行説が両立していた。今も両立しているのかも知れない。しかし私にとっては、実際がどちらであっても余り興味がない。むしろ、そうした議論を通して見える日本考古学の在り様の方がより重要だと思える。

単独犯行説とは、一人で全ての犯行を行った、周りは単純に騙されていた、あるいは薄々気がついていたのかも知れないが、あえて積極的に解明しようとはしなかった、というものである。
複数犯行説とは、一人であれだけのことができるはずはない、裏に指示をした人物、すなわち適切な場所に、適切なブツを仕込むことを示唆した人物(黒幕)がいたに違いない、というものである。

続きを読む


回想(総括-2) [捏造問題]

「プラシーボ(placebo)」という薬学用語をご存知だろうか。
日本語では、「偽薬」という訳が与えられている。
新しく開発された薬剤の効力を計るために、実際には効き目がないものが対照剤として計画的に投与され、その結果が統計的に検討される。「飲んだだけで効いてきた気がする」といった心理的な作用を排除するために行われる。
「プラシーボ効果」(placebo effect)とは、実際には薬理効果のない薬(プラシーボ)を効果ある薬と信じて服用し、その結果、実際に病状が改善してしまうことをいう。

被験者のみが「プラシーボ」と知らされずに投与されるのが、「シングル・ブラインド」である。被験者の先入観(プラシーボ効果)を排除するために行われる。
また被験者はおろか観察者に対しても、どれが「プラシーボ」であるか、どの患者が「プラシーボ」を飲んだかを知らせずになされるのが、「ダブル・ブラインド」である。これは観察者の心理的なバイアスをも排除することが目的とされる。

続きを読む


前の10件 | - 捏造問題 ブログトップ