So-net無料ブログ作成
検索選択

自文引用 [総論]

前回の記事[2015-02-18]では、書評対象である松田 陽2014『実験パブリックアーケオロジー』から、以下の文章を引用した。

「このポストプロセス考古学に影響を与えたのが、1980年代以降のイデオロギーの弱体化、文化相対主義の広がり、ポスト植民地主義の台頭などの世界的潮流を背景にさまざまな地域にて表面化した「過去をめぐる政治問題(politics of the past)」である(Ucko 1990)。パブリックアーケオロジーにとってとりわけ影響が大きかったのは、各地域の先住民族、またいわゆる二世三世を含めた移民たちが自分たちの過去の社会的認知を求めて展開した運動、さらには、民族・宗教紛争が続く地域にてしばしば見られた文化財破壊行為と、それに対する賛否を問う白熱した議論であった。こうした情勢の中、考古学が政治とは無縁な学究的営みである、あるいはそうあるべきだ、という主張が通用しにくくなり、ついには、そのような主張自体が社会的に無責任であるという声も上がるようになった。このようにして、考古学がどのように社会や政治システムと向き合っていくべきなのかということが根底から考え直されるようになった。」(松田2014:11-12.)

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

何を、どのように、議論するのか? [総論]

「「学生討論会」の議論ではディスカッション形式を採用した。これはまだ多くの人がディベート形式になじみが薄いため、まずは「議論するという試み」のきっかけになればと考えたからである。そして議論するテーマは「文化的観光を推進することによって考古遺跡に生じる問題について」とした。これは議論のテーマを、参加者の知識の多寡に影響される考古学の研究内容になるのを避け、さらにWACなどでよく議論されるパブリック考古学的なものにしたいと考えたからである。」(上月・五木田・北川・山下・石村2014「さあ議論を始めよう -考古学研究会第60回総会・研究集会「学生討論会」の報告と展望-」『考古学研究』61-3:1.)

ある主題について論じるときに、その主題が現在までにどのように論じられたのかということを踏まえるのは議論に参加する者の務めであり、そこがないがしろにされた議論というのは以前に論じられてきた論点を肯定するにせよ否定するにせよ、議論の論点が停滞ないしは後退したものとなる可能性が高い。
それは「参加者の知識の多寡」というより、参加者の意識の在り様というべきものである。
「文化的観光を推進することによって考古遺跡に生じる問題について」論じる場合にも、踏まえておくべき過去になされた議論というのがあるのではないか。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

実見絶対主義 [総論]

ある人は、ある資料を基にした考古学論文を書く時、あるいはある資料に基づいた考古学論文を批判する時には、その論の基となった出土資料を必ず見なくてはならない、と主張する。
資料が収蔵されている場所に赴くことなく執筆された論文あるいは批判は論外であり、認められない、という。
「考古学の基本はモノを見ることだ。何かを言うのなら、まずモノを見てから言え。」
こうした考え方を、「実見絶対主義」という。

もちろんある資料について論じる時、その資料を実際に見るに越したことはない。
このことについては、あらゆる人、全ての人が賛同されるだろう。
実際に見なければ論じられないことも、沢山あるだろう。
見れば見るほど詳細に分かること、ということもあるだろう。
しかし、あらゆる場合に、あらゆる人に実際に資料を見ること(実見)を求める、見る事なく記された論は無条件に却下するというのはどうだろうか。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

2013WAC-7(3):返還そして対馬仏像問題 [総論]

セッション2.1F:返還-さらに先へ
2013年1月15日(木)午前8時~10時30分
セッション議長:アンバー・K・アラヌイ(ニュージーランド・テ・パパ・トンガレワ博物館)

セッション要旨
返還問題は、先住民社会だけではなく、祖先の遺物および文化的に重要な品々を彼らの共同体に返還するように合意している国々や諸組織についても、ここ10年で驚くべき進展を見せている。こうした問題については今だに多くの議論が交わされているが、対話に着手して文化的障壁を克服して共同作業を行なうことが、今や現実のものとなりつつある。本セッションに参加した者たちは、こうした諸問題を身近に経験しており、先住民的な視点からだけではなく、返還を経験した様々な話題を提供する組織的な視点から語られる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

2013WAC-7(2) [総論]

ここからが後半である。

4.1A:岩壁画における命と死の情景:分析と解釈への挑戦
4.1B:ヨルダンにおける文化変化に関する厚みのある時間認識:サイバー考古学、生産と交易
4.1C:古代都市生活における芸術と建築
4.1D:周縁の考古学
4.1E:危機にある遺産:持続可能な保存のためのアプローチ、テクノロジーそして戦略
4.1F:消費者、生産者それとも仲介者? 直接参加の考古学における多声性に向けて
4.1G:「一般的」な遺産:文化と経済の絡み合いに関する新たな視点
4.1H:考古学とビジネス:機会それとも挑戦?
4.1K:考古学における出版

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

2013WAC-7(1) [総論]

『考古学研究60の論点』の内容が公開された(『考古学研究』第236号:116-118.)。
「日本考古学」の現時点における関心の在り様が反映されているといって良いだろう。
その評価も、様々であろう。
一つの参照軸として、本年1月にヨルダンで行なわれた第7回世界考古学会議におけるセッション・テーマを示す。
彼我の懸隔を認識し、3年後に京都で行なわれる第8回世界考古学会議に備えるためである。

1.1A:大きな疑問の表明
1.1B:現在の考古学調査におけるジオ考古学の応用
1.1C:物質文化と象徴表象:意味とアイデンティティ
1.1D:古代食生活の探求
1.1E:考古学に関する公教育と子供たちの声
1.1F:「先住」という概念:理論と実践
1.1G:アフリカ考古学、紛争下のアイデンティティと倫理
1.1H:開発における考古学的なインパクトを計量する
1.1J:メディアにおける考古学
1.1L:デジタル的将来に向けてのデータ・アーカイブ
1.1X:過去は誰が提示するのか?

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

偲ぶ会 [総論]

日時:2013年 3月 2日(土) 15:00~17:00
場所:慶應義塾大学 三田キャンパス 南校舎4階カフェテリア

1985年に大学院に進学した時に、慶応に赴任されたので、最初の教え子ということになります。但し不肖の弟子です。だから本来ならば「阿部先生」と呼ぶべきなのでしょうが、最初にお会いしたのは、まだ東京都埋蔵文化財センターが多摩センター駅西側のコミュニティ館という場所に間借りしていた時代に、その係長席でご挨拶した時でしたので、私の中ではいつまでも「阿部さん」なのです。

早速、寒河江の実家に泊めて頂いて、二人で山形県内の著名な遺跡をレンタカーで周り、翌年に計画していた発掘調査地の目星をつけるというひと夏を過ごしました。そして86年のお仲間林、87年からの藤沢と調査を一緒に行なうことになりました。

続きを読む


タグ:追悼
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

韓国国立中央博物館における核安保首脳会議配偶者晩餐会 [総論]

2012年3月26・27日、ソウルで核安保首脳会議(2012 Seoul Nuclear Security Summit)が53ヶ国および4国際機関の首脳ないしは首脳級首席代表が出席して開催された。26日に国立中央博物館で開催された首脳・首脳級首席代表配偶者晩餐会に関する議論が新聞紙上で紹介されている。

「筆者は私たちの文化遺産が収蔵庫や密閉された場所に保存されているだけであることを絶対に望まない。むしろ積極的に活用して我が国の人々だけでなく、全世界の人々が韓国文化の特徴と東北アジア文化の多様性を享有することを願うばかりだ。ただし文化遺産の活用と享有は万人に平等に提供されなければならないという普遍的享有権(文化権)が土台にあるべきであり、身分や経済力によって享有権が制限を受けてはならないということだ。」(ファン・ビョンウ韓国文化遺産政策研究所長)

「世界50余ヶ国の首脳が参加した今回の国際会議は、外国の主要言論に韓国文化を紹介できる重要な機会だったために我が国歴史文化の代表的機関である国立中央博物館が積極的に立ち上がり今回の配偶者行事を行ったのだ。外国首脳配偶者の影響力を考慮する時、国内最高の文化機関としての主導的な役割が必要だった。」(イ・ウォンボク国立中央博物館学芸研究室長)

続きを読む


タグ:博物館
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

最新あるいは最古は決定できるか? [総論]

The relative age of any closed find, the position of its contents in the local culture sequence, must be that of the latest type-fossil or type-fossils it contains. Now a grave or hoard may contain type-fossils of differing relative ages. A hoard of florins, buried today, might comprise coins of all English sovereigns from Victoria to Elizabeth II. The latest type alone gives the date of the burial or the deposition of the hoard. Obviously our florins could not have been buried before the reign of Elizabeth II. On the contrary it is the oldest type associated with it that gives a relative date for the foundation of a building, used or occupied over several periods. For example the erection of a collective tomb must have been completed before the first interment was laid to rest in it and must be assigned to the period represented by the oldest dateable types found in the tomb; for these presumably are the surviving remains of the furniture accompanying that first burial. Similarly the excavation of the fosse defending a fort or castle must be dated by the oldest reliscs recovered from it. (V. GORDON CHILDE 1956 Piecing Together the Past. : 82.)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

「国宝」という問題 [総論]

文化財保護法 第二十七条 文部科学大臣は、有形文化財のうち重要なものを重要文化財に指定することができる。
2 文部科学大臣は、重要文化財のうち世界文化の見地から価値の高いもので、たぐいない国民の宝たるものを国宝に指定することができる。

「国宝 1.国家の宝、くにのたから。 2.重要文化財のうち、特に学術的価値が高いもの、美術的に優秀なもの、文化史的意義の深いものとして、文部大臣が指定した建造物・彫刻・工芸品・古文書など。」『広辞苑』

2010年度分を含めて現時点での総数1082件、今回問題とするのは、ここから建造物(216件)を除いた、美術工芸品(866件)についてである。その内訳は、絵画(158件)、彫刻(126件)、工芸品(252件)、書跡・典籍(223件)、古文書(60件)、考古資料(44件)、歴史資料(3件)である。

続きを読む


タグ:国宝
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問