So-net無料ブログ作成
全方位書評 ブログトップ
前の10件 | -

『アイヌ民族の遺骨は告発する』 [全方位書評]

遺骨をコタンに返せ!4大学合同全国集会実行委員会 2017 『アイヌ民族の遺骨は告発する -コタンの破壊と植民地支配-』ピリカモシリ社

「4大学」とは、「北大人骨問題の真相を究明する会」・「東大のアイヌ民族遺骨を返還させる会」・「京大・アイヌ民族遺骨問題の真相を究明し責任を追及する会」・「阪大・人骨問題の真相を究明する会」を指す。全国集会は、2017年7月に札幌市で開催された。

「1980年、海馬沢 博さんらアイヌ民族が遺骨・副葬品奪還の歴史的な闘いを開始して以来じつに40年近くをへて、その闘いはいま、あらたな局面にさしかかっています。
アイヌ民族の抗議と要求の高まりのなかで、この間、浦河町・杵臼の遺骨返還訴訟で「和解」が成立し、遺骨がコタン(郷里)に返還され、続いて紋別、浦幌でも返還されることになりました。旭川、平取、静内でもあらたな取組みが開始されています。その背景には、「先住民族の権利に関する国際連合宣言」(2007年)にもとづく、世界の先住諸民族の民族自決権、遺体・遺骨返還の権利を含む民族的諸権利獲得の闘いの前進があります。
日本政府、北海道大学など全国の大学は、徐々に追い詰められてきています。しかしこの40年近くの経過をみても、アイヌ民族の強い抗議にもかかわらず、ごく一部の遺骨が謝罪も賠償もなく欺瞞的に返還されただけです。日本政府、各大学は、ほとんどの遺骨を、2020年までに北海道白老町に開設する「慰霊・研究施設」に集約し、引き続き「研究材料」にしようとしています。遺骨・副葬品奪還の闘いは、アイヌ民族にとって、民族の主体を確立し民族的諸権利を奪い返すきわめて重要な闘いです。
墓地破壊、遺骨・副葬品略奪は、「明治」天皇制国家以来のアイヌモシリ併合、アイヌ民族同化・抹殺(絶滅)政策が必然的に引き起こした人権蹂躙の侵略行為です。とりわけ1930年代、天皇制ファシズムの時代に、アイヌ民族を「滅びゆく民族」とし、それを疑似科学的に「証明」するために、アイヌモシリ(北海道、サハリン、クリル諸島)から膨大な遺骨を略奪し、語ることさえはばかられる差別思想、差別研究を行ないました。北大など旧帝国大学は、優勝劣敗の社会進化論と優生思想にもとづくアイヌ民族「絶滅」論を流布し、アイヌ民族蔑視と差別を煽りました。しかもこのような「アイヌ研究」は、戦後も1970年代まで続けられました。
この「研究」は、日本民衆のなかにアイヌ民族蔑視と差別をいっそう深く浸透させ、天皇制国家の民衆管理に大きな役割を果たしました。アイヌモシリ侵略を当然視する日本政府、各大学は、墓地破壊、遺骨・副葬品略奪について何のとらえ返しも反省もありません。
日本労働者人民がアイヌ民族の遺骨返還の闘いに連帯することは、天皇制国家のアイヌモシリ侵略の歴史、したがって自らが侵略者、差別者に仕立て上げられた皇民化された歴史をとらえ返し労働者人民自身として自己を確立、解放する闘いです。」(「序にかえて」4.)

続きを読む


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:学問

源ほか2011『現代の「女人禁制」』 [全方位書評]

源 淳子ほか「大峰山女人禁制」の開放を求める会 2011 『現代の「女人禁制」 -性差別の根源を探る-』解放出版社

「「『女人禁制』は女性差別ではない」と公言してはばからない主張は、「伝統はどんなことをしても守らなければならない」ということばにエスカレートし、自己暗示しているとしか思えず、それは、宗教的実践とはとうてい感じることもできない。エゴイズムの昂揚である。「1300年の伝統」に結集(わたしたちには、「呪縛されている」とみえるのだが)している「大峰山」の共同体は、頑固である。大衆もひとたび「大峰山」の「信者」の顔になると、人権もジェンダーも関係なく、超歴史的人格者のごとく変貌した振る舞いをみせる。彼らの主張からは、自分たちがよければ納得できれば、それでいいという姿しかみえない。かつて欧州議会は、「女人禁制」であるアトス山(ギリシャ正教の聖地)に対して、「いかなる伝統・慣習も人権より優先するものであってはならない」という決議を出した。それは、わたしたちの運動の理念を現実にする評価である。」(源 淳子「女人禁制」の思想:4-5.)

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

荒井1995『戦争責任論』 [全方位書評]

荒井 信一 1995 『戦争責任論 -現代史からの問い-』岩波書店(2005 岩波現代文庫)

「ちょうど2年ほど前、ある未知の婦人から手紙をいただいた。この人は戦後の1947年生まれで、直接の戦争体験はないが、父親は元憲兵であった。父は、小学生の頃「私は貝になりたい」「人間の条件」などを見にゆかせたり、何かにつけ天皇を批判していたが、自らの加害の事実については何も語らなかった。しかし、7年前に亡くなる時に、これを墓に彫りつけてくれといって、娘に紙を渡した。そこには「中国人民ニ対シテ為シタル行為ハ申シ訳ナク、只管オ詫ビ申シ上ゲマス」と書かれていた。父の遺言を墓石に刻むことは、兄弟や親戚の賛成が得られず実現できなかった。そのことは、娘であるこの人の心に重い負担として意識されたようである。手紙は続けて次のように書いている。「父が亡くなってから、父が可哀相で、私は父が満州でどんなことをやったのか調べて共に苦しもうと思いました」。そこで名簿で83歳の元隊長が生存しているのをつきとめて、その話をきいたのだが「楽しい思い出と戦後の引き揚げの大変さを話すばかりで肝心のことは話してくれませんでした。「あそこは何もなかった」と言うのです」。こうして父と共に苦しむ旅は成果を挙げなかった。手紙はこのような経過をかいた後で「そのような事もあり、私はずっとこの戦争を引きずっております。自分の生まれる以前のことなのに、目をつむるわけにはいかないのです。もっと他の人々のように軽く生きていければいいのにできません」と結んでいる。(中略)

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

ましこ2017『コロニアルな列島ニッポン』 [全方位書評]

ましこ ひでのり 2017 『コロニアルな列島ニッポン -オキナワ/オホーツク/オガサワラがてらしだす植民地主義-』三元社

いろいろな意味で、極めて重要な書籍である。そしてその緊急性もまた高いというべきであろう。

「本書の含意は単純明快です。「日本は戦後一貫して植民地であり、かつ植民地を全部放棄したわけではないという意味で、二重に植民地性をおびた空間だ」と。さらに、その基盤として、「日本」という実体(=時間上/空間上の連続体)が共同幻想にすぎず、たとえばヤマト王権の成立起源を確定するといった作業自体無意味という世界史的普遍性があると。当然、その内実(生活者/政治経済文化)はもとより、境界線自体が変動しつづけてきたわけで、いかなる実体視も科学をよそおっただけの本質主義=ガラパゴス的なイデオロギーにおちいるわけです。」(156-157.)

私から見れば、至極当然な真っ当な意見なのだが。
二重の意味でコロニアルな時空間において「ポストコロニアル」を唱える困難さを思い知る。

続きを読む


タグ:植民地
nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

吉田、アートル編2017『考古学と現代社会』 [全方位書評]

吉田 泰幸、ジョン・アートル 編 2017 『文化資源学セミナー「考古学と現代社会」2013-2016』(Japanese Archaeological Dialogus)金沢大学 人間社会研究域付属 国際文化資源学研究センター(CCRS)

今年の総会@大正大学は、本書をゲットするのが大きな目的だった。何せ「タダ」だというのだから、内容は値段に相関しないという典型的な事例である。

序章 セミナーシリーズ「考古学と現代社会」は対話から生まれた(吉田 泰幸)
1.縄文住居復元と史跡公園
 1-1. 縄文時代の建物復元の方法と課題(高田 和徳)
 1-2. 考古学の多様性と縄文住居復元(ジョン・アートル)
 1-3. 対話:縄文住居復元と史跡公園
 1-4. 「縄文住居復元と史跡公園」をふりかえる(吉田 泰幸)
2.歴史復元画と考古学
 2-1. 縄文人はどのように描かれてきたのか(吉田 泰幸)
 2-2. 縄文人をどのように描いてきたのか(安芸 早穂子)
 2-3. なぜ「おしゃれ」な縄文人を描こうとしたのか(小山 修三)
 2-4. 対話:これから縄文人をどう描くのか
 2-5. 「歴史復元画と考古学」をふりかえる(吉田 泰幸)
3.現代「日本」考古学
 3-1. 現代日本の考古学、社会、アイデンティティ(溝口 孝司)
 3-2. 日本におけるパブリック・アーケオロジーを考える(岡村 勝行)
 3-3. 対話:現代「日本」考古学
 3-4. 「現代『日本』考古学」をふりかえる(吉田 泰幸)
4.多様性・持続可能性と考古学
 4-1. 食の多様性と文化の盛衰(羽生 淳子)
 4-2. ジェンダー教育と考古学(松本 直子)
 4-3. 対話:多様性・持続可能性と考古学
 4-4. 「多様性・持続可能性と考古学」をふりかえる(吉田 泰幸)
5.さよなら、まいぶん
 5-1. 文化遺産を機能化するNPOセクター(赤塚 次郎)
 5-2. もしドラッカーが日本の「まいぶん」の現状を眺めたら(岡安 光彦)
 5-3. 対話:さよなら、まいぶん
 5-4. 「さよなら、まいぶん」をふりかえる(吉田 泰幸)
6.ハイパー縄紋文化の難点
 6-1. 縄文と現代日本のイデオロギー(吉田 泰幸)
 6-2. 消費される縄紋文化(大塚 達朗)
 6-3. 対話:ハイパー縄紋文化の難点
 6-4. 「ハイパー縄紋文化の難点」をふりかえる(吉田 泰幸)
7.Reflections on Archaeology and Contemporary Society(ジョン・アートル)

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

安蒜2017『日本旧石器時代の起源と系譜』 [全方位書評]

安蒜 政雄 2017 『日本旧石器時代の起源と系譜』雄山閣

「だとすれば、旧石器時代人が移動していたことを示す、はっきりとした証拠があるはずだ。そして、日本で開発された石器群の個体別資料分析法が、確かな移動の裏付けをとった。」
「このように、同じ原石から打ち割り打ち欠かれたものどうしは、必ず過不足なく元の状態に接合するという、同一原石の接合原則を利用して、遺跡から出土する全石器(石器群)を原石ごとに区分して観察する方法を、個体別資料分析法という。1974年に、著者が考案した石器の研究法である(安蒜1974)。」(120.)

「確かな移動の裏付けをとった」とされる「著者が考案した」「個体別資料分析法」の現在2017年の説明と定義だが、果たしてこれで十分と言えるだろうか。「個体別資料分析法」は単に「原石ごとに区分して観察する」だけの方法なのだろうか? 9年前には、著者自ら「個体別資料」の同時性について「確固とした方法論を欠いている」と述べていたのだが(安蒜2008「総評」『後期旧石器時代の成立と古環境復元』(比田井ほか編2008:204.)
それにしても「接合原則」とは、いったいどのような「原則」なのだろうか? 打ち欠かれたものは接合するという「原則」なのか? それとも異なる原石から打ち欠かれたものは接合しないという「原則」なのか?

「ところでブロックはイエの跡であった。したがって、環状ブロック群は、イエが円を描くようにして建ち並ぶムラの跡でもある。それを、環状のムラと呼ぶ(安蒜1990)。この環状のムラこそ、旧移住民が最初に構えた、日本列島最古のムラの姿であった。」(160.)

3年前に紹介した「イエとムラ」仮説の起源である。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ジョンソン2017『入門 考古学の理論』 [全方位書評]

マシュー・ジョンソン(中島 庄一訳)2017『入門 考古学の理論』第一企画(Matthew Johnson 2010 ARCHAEOLOGICAL THEORY: An Introduction. 2nd Edition, John Wiley & Sons Ltd.)


序 理論の抱える矛盾
第1章 常識だけでは通用しない
第2章 ニューアーケオロジー
第3章 科学としての考古学
第4章 ミドルレンジ・セオリー、民族考古学と物質研究
第5章 文化とプロセス
第6章 思想とイデオロギー
第7章 ポストプロセス考古学と解釈学的考古学
第8章 考古学、ジェンダー、アイデンティティ
第9章 考古学と文化進化論
第10章 ダーウィンの進化論と考古学
第11章 考古学と歴史学
第12章 考古学、政治及び文化
第13章 結論 理論の未来
用語解説
より深く学びたい人のために


隣接諸科学、例えば文化人類学、地理学、地質学などでは、こうした欧米における一般的な教科書がいくつも翻訳されており、それらを読むことで学部生や初学者が欧米における基礎的な知識を身に付けることができるように配慮されているのだが、「日本考古学」でもようやくそうした環境が整いだしたことを感じさせる一書である。

続きを読む


タグ:翻訳 理論
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

大島2014『月と蛇と縄文人』 [全方位書評]

大島 直行2014『月と蛇と縄文人 -シンボリズムとレトリックで読み解く神話的世界観-』寿郎社

「…考古学の世界では出土品などの分類が目的化してしまい、ほかの学問の成果を取り入れて縄文人の精神性を明らかにするという作業を長い間怠ってきたのです。次から次と掘り出される資料の分類につねに翻弄されていて、その余裕がなかったともいえますが。
どんな学問もそうですが、考古学もまた「人間とは何か」を明らかにするためにあります。ですから縄文人についても、もっと人間としての側面から研究することが必要なことは明らかです。科学も文字もない社会で生きていくためには、もっぱら「人類の根源的なものの考え方」を用いて「世界(自然)を認識する」ことが必要だったはずです。」(6-7.)

著者は2月19日の公開討論会にわざわざ北海道から参加されて、励まされる意見を頂いた。
「合理的・科学的思考でものを考える、あるいは経済的価値観を至上とするような現代社会に生きる私たち」に対して刺激的で示唆に富むコメントだった。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

高崎2002、そして大坂金太郎 [全方位書評]

高崎 宗司 2002 『植民地朝鮮の日本人』岩波新書790

「元在朝日本人の朝鮮時代への対し方には、大きく分けて三つのタイプがあるようである。第一のタイプは、自分たちの行動は立派なものだったとするものである。第二のタイプは、無邪気に朝鮮時代を懐かしむものである。そして、第三のタイプは、自己批判しているものである。」(201.)

日本考古学協会の創立時委員メンバーに引き寄せて考えると、差し詰め第一のタイプは藤田氏、梅原氏に、第ニのタイプは斉藤氏が該当する。
その他に、第四のタイプとして学問にのみ専念したとする駒井氏、江上氏が、第五のタイプとして開き直るものとして八幡氏が該当しそうである。
第三のタイプとしては、創立時委員には加わらなかった和島誠一氏などが挙げられるであろう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

櫻本1983『空白と責任』 [全方位書評]

櫻本 富雄 1983 『空白と責任 -戦時下の詩人たち-』 未来社

「わたしが以下に述べることは、従来の金子論にみられる誤謬を指摘し、それらを正すことではない。また、いまさら金子光晴の戦争責任をあげつらったり問責するつもりでもない。それらの誤謬からうかがえる戦後の詩人たちの姿勢を、危険な傾向とみ、危惧するからである。そして、不幸にも戦後の詩人たちは、そんな自己の姿勢に無自覚であるように思えるからである。
戦争責任を論考することは、よく弾むボールを厚い壁に向ってぶつけるようなものである。ボールはまちがいなくはね返って来る。ぼんやりしていれば、顔面や胸にしたたかな反撃をもたらすだろう。他と共に問われているのは、常に自身のことである。しかし、壁がいったん<平和>の霞の彼方にかくれてしまうと、投じられたボールの行方も反動も忘却されてしまう。こうして戦争責任論は、「汚れていない白い手」や「おくれて登場した者の戯言」などという次元にすり替えられてしまった。
くりかえすが、わたしの危惧は真実めかして語られる虚妄を、まったく無批判に盲目的に、ひとかけらの検証精神もなく「前提」にしている戦後の詩人たちの、脆弱な姿勢である。
それは、あの戦争や日本軍を「聖戦・神軍」と歌った時代の詩人たちの、うら返しにすぎないのではないだろうか。」(88.)

引用文の「詩人」を全て「考古学者」に置き換えることができるだろう。
「戦後の考古学者たちの姿勢を、危険な傾向とみ、危惧する」点において、全く同意である。「ぼんやり」できない所以である。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | - 全方位書評 ブログトップ