So-net無料ブログ作成

植木2015『植民学の記憶』 [全方位書評]

植木 哲也 2015 『植民学の記憶 -アイヌ差別と学問の責任-』緑風出版

前著『学問の暴力』を、6年前に紹介した。

「1977年4月、北海道大学経済学部ではいつもの年度と同じように新学期が始まっていた。軍艦講堂の一番教室で開講された「北海道経済史」は、経済学部四年生を対象に毎週金曜日と土曜日に開かれる講義だった。100名ほどの受講生に対して、授業を担当したのは、当時経済学部長を務めていた林善茂である。
講義に出席した学生たちの話によると、林教授は最初の講義で、「北海道経済史は日本人を主体にした開拓史であり、アイヌの歴史は切り捨てる」と語った。それだけでなく「学生たちを笑わせるための冗談や雑談」として、アイヌ民族の身体的特徴を強調し、アイヌ女性を蔑視した表現をするなど、差別的な言葉を繰り返した。
こうした発言を「暴言」と感じた学生が一人のアイヌに相談した。相談を受けたのは結城庄司。当時、アイヌ解放同盟の代表として、積極的に民族差別問題に取り組んでいた人物である。とくに研究者たちによるアイヌ差別に反対する活動を展開し、札幌医科大学で1972年に開催された日本人類学会と日本民族学会の連合大会で、出席者に公開質問状を提出し、アイヌ民族に対する研究者の意識を問いただしていた。」(12.)

こうした経緯を経て、先月の新聞報道に繋がっていく。
それでは遺骨と共に発掘された考古資料の扱いについて日本考古学協会の対応は、どうなっているのだろうか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

田村1994『慶陵調査紀行』 [全方位書評]

田村 實造1994『慶陵調査紀行』平凡社

「慶陵と著者(田村)との縁由をいえば六十有余年の昔にさかのぼる。1931(昭和六)年七月、日本東亜考古学会によって組織された内蒙古調査団が、チャハル省およびシリンゴール盟における考古、歴史、人類、地質、言語の各部門にわたる総合的学術調査を目的として、山西省張家口から長城をこえて内蒙古入りを敢行したとき、たまたま当時、この学会から派遣されて北平(北京)に留学中であった著者は現地から参加することになった。
慶陵は、当初この調査団の調査対象ではなかったが、田村の熱望がいれられて、一行は八月中旬、興安嶺を西から東にこえて、かつて遼代に慶陵の奉陵邑であった慶州城址にあたるバリン左翼旗管内の白塔子部落を訪れた。翌日団員の江上波夫氏(東京大学名誉教授)と田村とは、写真技師田中周治氏を伴い一人のラマ僧を案内者として、ここから西北約14㌔をへだてる興安嶺山系のワール・イン・マンハ(慶雲山)の地下にある慶陵三陵墓(東陵・中陵・西陵)の調査に赴いた。」(21.)

ここで述べられている「内蒙古調査団」とは、前々回の記事で紹介した「東亜考古学会蒙古調査班」のことを指す。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

不可視委員会2016『われわれの友へ』 [全方位書評]

不可視委員会(HAPAX訳)2016『われわれの友へ』(Comite invisible A nos amis) 夜光社

「ひとつの文明の終りが/世界の終わりではない者たちへ
 なによりもまず蜂起のうちに/組織ぐるみの嘘と混迷と愚かさの支配にうちこまれた
 ひとつの裂け目をみとめる者たちへ
 たちこめる「危機」の霧の背後に/作戦と術策と戦略がくりひろげられた舞台の存在を
 ―それゆえ反逆の可能性をみいだす者たちへ
 攻撃する者たちへ/好機をうかがう者たちへ
 共謀の友をもとめる者たちへ/離脱する者たちへ
 試練をたえぬく者たちへ/みずからを組織化する者たちへ
 革命的な力をつくりだそうとする者たちへ
 革命的、なぜならそれは感覚的なものであるから
 われわれの時代を解明するための/ささやかな試論をここにささげる」
 (裏表紙より)

ヨーロッパはフランスの友からの呼びかけである。
本書は、八ヶ国語・四大陸で同時的に刊行された。
示唆に富む多くのことが、述べられている。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

黄編(李・李訳)2015『韓国の失われた文化財』 [全方位書評]

黄 壽永 編(李 洋秀・李 素玲 増補・日本語訳)2015『韓国の失われた文化財 -増補 日帝期文化財被害資料-』三一書房、国外所在文化財財団企画、荒井 信一監修(原書:考古美術資料第22集『日帝期文化財被害資料』韓国美術史学会、1973)

「わが国土が日帝に占領され、あらゆる文化の遺産が彼らによって蹂躙された今世紀初半の歴史は、悪夢のようにわれわれの脳裏から離れず、その痕跡はまた容易く癒されはしない。彼らはいわゆる「古蹟調査事業」を名目としているが、その成果のようなものは、彼らが犯した古代墳墓の掠奪のようなたったひとつの事例だけを挙げても、彼らは何を持って(ママ)補償し弁明するのだろうか。…
ここで考古美術資料集の一冊として、この間収集した日帝期、わが文化財の受難を中心とした各種資料をまとめた訳は、たったこれだけでも今日に至っては新しく揃えるのに、時間と力が要るという判断の下に、もしかしてこのように粗末な資料集が、私たちの過去のつらい事実を後世の人に伝え、今後その保存と研究のために、何か小さな助けになればという祈願からだ。この本が、そのような資料のごく少数しか載せられないことは、あまりに明白だ。今後このような小さな集成が基礎となり、われわれの文化財受難の諸相を伝えるのに助けになるのなら、それに勝る喜びはないだろう。」(黄 壽永 「序文」:24-26.)

正に「小さな助けになればという」祈りと願いが、実現したのだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ブラウン(鈴木訳)1972『わが魂を聖地に埋めよ』 [全方位書評]

ディー・ブラウン(鈴木主税訳)1972『わが魂を聖地に埋めよ -アメリカ・インディアン闘争史-』上・下、草思社(DEE BROWN 1970 BURY MY HEART AT WONDED KNEE An Indian History of the American West.)

「その昔、この土地はわれわれの父のものだった。だが、川へ行ってみると、岸に兵隊のキャンプができていた。そこの兵隊は私の木を伐り倒し、私の野牛を殺している。それを見て、私の心ははりさけんばかりになり、悲しみでいっぱいになった。」(サタンタ、カイオワ族)

「この戦争はこのわれわれの土地でもちあがったものではない。グレート・ファザーの子らがわれわれにもたらしたものだ。彼らはここにやってきて無償でわれわれの土地を取りあげ、たくさん悪いことをした。この戦争の起こりは強奪行為だ。彼らがわれわれの土地をくすねたことから起こったのだ。」(スポテッド・テイル、スー族)

「彼らはみな私の友人だと言う。そして正しい取扱いを約束するが、その口から出る言葉はいずれも申し分がないのに、私の仲間にたいしては何の手もうたれず、ほったらかしにされているのがどうしてなのか、私には理解できない。マイルズ将軍はわれわれを自分の土地に帰してやると約束した。私はマイルズ将軍を信用した。そうでなければ、決して降伏なんかしなかっただろう。
私はあとからあとから話ばかり聞かされたが、何も実行されないのだ。言葉ばかりが立派でも、それによって何かが行なわなければ意味はない。言葉によって死んだ仲間の命はつぐなわれはしない。今や白人が踏み荒らしている土地がかえってくるわけでもない。…私はもう意味のないおしゃべりは聞きあきた。さんざん立派な言葉を聞かされ、たくさんの約束が破られたことを思うと、胸が悪くなる。」(ジョゼフ、ネ・ペルセ族)

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

水野1948『東亞考古學の發逹』 [全方位書評]

水野 清一 1948 『東亞考古學の發逹』古文化叢刊7、大八洲出版株式會社

「わが國の學者は明治以来敗戰のその日まで、終始東亞考古學のために力をつくしてきた。もちろん學者も、そのときどきの政情からまつたく超然たることはできない。そのためおほいに困難したときもあり、また反對に利便をうけたときもあつた。けれども、それらはしよせん、べつのことがらである。學術そのものとは、なんのかゝはりもない。わが國の學者たちは、概してさういふものからはなれ、純乎として學術の要請するところにしたがひ、まじめな努力をつゞけ、また公正な行動をとつてゐたやうにおもふ。たとへば、その古蹟を保存し、遺物の散佚をふせぐについても、つねに眞劍な努力がはらはれたことは、だれの眼にもあきらかなところである。いま四十年の足迹をかへりみて、先人のため、またわれわれみづからのためにひそかによろこぶものはこれである。學術こそは、いつのときにも明朗であり、公明でありうる。學術に國境がないといふ眞の意味もわかるやうにおもふ。」(157-158.)
 

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

栗原2015『遺骨』 [全方位書評]

栗原 俊雄 2015 『遺骨 -戦没者三一〇万人の戦後史-』岩波新書1545

先に紹介した殿平2013と同じ書名である。
殿平2013は北海道における朝鮮半島出身の労働者の遺骨について宗教者が記したもの、こちらは東アジア全域に広がる日本人戦没者の遺骨について全国紙の記者が記したものである。両者の見据える方向は全く一致している。著者については、3年前に『20世紀遺跡』という著書を紹介した。

「同(1952)年6月17日、第13回国会衆議院において「海外諸地域等に残存する戦没者遺骨の収集及び送還等に関する決議」が採択された。
「苛烈なる戦火収束してよりここに7年、今や平和条約発効により独立を回復した今日、海外諸地域並びに本邦周辺海域で戦没した同胞の遺骨が未だに収容されないままあるいは埋葬地も荒れはてたまま放置されているものもあることは誠に遺憾なことであるとともに遺家族の心情察するに余りあるものがある。
ここにこれら未だ帰らざる遺霊を早急に故山に迎えることはわれわれの久しく念願していたところであつて、現状のまま放置されていることは国民感情上忍び難い問題である。
よつて政府は、これら戦没同胞の遺骨の速やかな収容送還並びに墓地維持のため、万全の対策を樹立するとともにこれが実現を図るべきである。」
同年7月11日、参議院でも同趣旨の「戦没者の遺骨収容並びに送還に関する決議」がなされた。」(130-131.)

遺骨と遺物(文化財)あるいは遺物と遺品の違いについて、考えている。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

西部2003『スローフット』 [全方位書評]

西部 謙司 2003 『スローフット -なぜ人は、サッカーを愛するのか-』双葉社

本日(7月8日)は、「ミネイロッソ記念日」である。
一年前の今頃はある現場の追い込みの時期だった。それにも関わらず翌日の昼頃までは脱力感で仕事が手につかなかった記憶が…

「86年ワールドカップ・メキシコ大会で世界一になった直後だったと思う。日本のニュース番組にゲスト出演していた。
「あなたは望むものをすべて手に入れたと思いますが、今、一つだけ願いが叶うとしたら、何を望みますか?」
その質問に対するマラドーナの答えは意外で、唐突といってもよく、このインタビューの中で唯一、僕の記憶に残った回答だった。
「あのころに、子供のころに戻りたい。無心にプレーしたあのころに。」
世界の頂点に立ち、称賛に包まれ、栄光の真っ只中にあったマラドーナだったが、そのときの彼はまだ25歳なのだ。まだまだこれから次のワールドカップも、その次のワールドカップも勝つ、と言うかと思っていたら…。
そのときのマラドーナは、とても寂しそうに見えた。戻りたくても、戻れないのはわかりきっている。でも、本気で戻りたがっている。
彼が戻りたかった場所には、何があったのだろう。」(5-6.)

休講の知らせを聞くと同時に、グランドに飛び出していったあの頃。
そして、かび臭い部室で黙々と土器の拓本をしていたあの頃。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

俵2008『境界の考古学』 [全方位書評]

俵 寛司 2008 『境界の考古学 -対馬を掘ればアジアが見える-』ブックレット<アジアを学ぼう>12、風響社

「日本考古学会が対馬で発掘に臨んだ志多留貝塚・大将軍山古墳(現上県町志多留)、賀谷洞窟(現美津町賀谷】等の報告をみると、「対馬に住んでいる日本人」の習俗から「南鮮」の影響をみながら、弥生式土器の出土に静岡県登呂遺跡の農耕集落を連想し、原史・古代においては、大陸・朝鮮半島の発掘事例を引用しながらも、「内地古墳の範疇に加えるにいささかも躊躇する必要がない」ということが強調されている。
日本考古学会のこうした解釈が、東亜考古学会のものと本質的に代わり映えしないことは驚くべきことではない。戦後民主主義の黎明期にありながら、ただ、先の近藤の文言にある「侵略」を、新しい「国民」や「国境」に置き換えればすむのである。すなわち、「国民」「国境」というものの無批判・無反省な容認・黙認の上に立って研究活動を展開すること自体、歴史的事実よりも新しい戦後の社会に対する理解の欠如を示し、それは日本の歴史を研究するものとして「重大な自己否定」となった。」(17.)

俵氏は、ベトナム考古学の紹介以来2度目、今回はご自身の出身地を題材にした論述である。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

殿平2013『遺骨』 [全方位書評]

殿平 善彦 2013 『遺骨 -語りかける命の痕跡-』かもがわ出版

ストレートな書名である。
著者を紹介するのは、2004年の『若者たちの東アジア宣言』、2006年の「土の中からの告発」『季刊戦争責任研究』に続く3度目である。

「死者は身近な人びとによって惜しまれ、その人と家族などの宗教あるいは心情によって追悼され、悲しまれ、その土地の文化によって葬送され、遺体あるいは遺骨が可能な限り心休まると思われる場所に埋葬あるいは安置される。いずれ忘れ去られるかもしれないにしても、その人を覚えている人たちによって懐かしがられ、思い出される。それらはすべて、その人の死であって、その人自身の生死の完結への歩みである。それらが遮断されることがあると、それはまさしく非業の死であり、プロセスとしての死は完了できない。
私たちは過去に、さまざまな死者を哀悼し、見送ってきた。それと同時にどれほど多くの死を無視し、放擲し、忘却してきたことだろうか。近代を振り返っても、無数の追悼されざる死があることに思いを致さざるを得ない。死を差別し、無視し、放擲してきたのは、もっぱら生者の側であり、近代がもたらした国民国家と敵国主義が大量の死者を非業の死へと追いやってきた。日本は明治期から太平洋戦争終結までの80年間にアジアとの戦争を繰り返し、植民地主義とレイシズムによって死者の数を増やし続けてきた。(中略)
死者はすでに生を終えているが、生者と無縁でいるのではない。私たち生者は死者に声を届けることはできないが、死者の声を聞くことはできる。生者と死者は重なっており、耳を傾けさえすれば、無数の死者の声が生者に届いていることに気づかされる。
過去の出来事と素直に向き合い、生者の周りに残された死者の痕跡に気づき、耳を澄ませば良い。無数の命が呟く歴史のかなたからのこだまが聞こえてくる。死者の声を聞くことができるなら、生者はもう少し思慮深くなり、冷静になることができるのではないか。」(15-18.)

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問