So-net無料ブログ作成
研究集会 ブログトップ
前の10件 | -

いま『コロニアリズムと文化財』を考える [研究集会]

《荒井信一先生追悼シンポジウム》「いま『コロニアリズムと文化財』を考える -文化財をめぐる日韓・日朝の葛藤の歴史、現状と今後を語る-」

日時:2018年 6月 3日(日)14:00~17:00
場所:大阪経済法科大学 東京麻布台セミナーハウス2F 大会議室
呼びかけ・共催:韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議、東アジア歴史・文化財研究会
後援:岩波書店、国外所在文化財財団

1. 日本帝国の文化財略奪と『東洋史』(李 泰鎮)
2. 『コロニアリズムと文化財』の意義と課題(李 成市)
3. コロニアリズムと『文化的暴力』(康 成銀)
4. 日本に在る朝鮮由来の文化財、なぜ、ここに(李 素玲)
5. 『コロニアリズムと文化財』と考古学(森本 和男)
6. 『コロニアリズムと文化財』をどう読んだか -国際法の視点から-(戸塚 悦朗)

「荒井信一先生が昨年10月に逝去されてから半年が経過しました。晩年の先生のお仕事の中で、貴重で内外から高く評価されているのが、2012年に発行された岩波新書『コロニアリズムと文化財』でした。日韓併合100年の2010年に朝鮮半島由来の文化財の問題が注目され、2011年には「日韓図書協定」批准のための衆議院外務委員会に招かれて、参考人として意見を述べるなど議論を深めて、まとめられた著作でした。植民地期に流出した文化財の問題を、世界史的な視野で議論した画期的な著作で、韓国語にも翻訳され出版されました。同書刊行から6年近くがたち、その後に起きた出来事や葛藤もふまえて、改めて同書を読み、いま何を学び、今後に生かしていくべきかを語るシンポジウムを開催します。」(シンポジウム案内チラシより)

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2.4「北方領土の日」反対!アイヌ民族連帯!関東集会 [研究集会]

2.4「北方領土の日」反対! アイヌ民族連帯!関東集会 -強奪した遺骨の返還を! アイヌ民族の主権を獲得しよう-

日時:2018年 2月 4日(日)13時30分~16時
会場:渋谷区地域交流センター新橋(渋谷区恵比寿1-27-10)
主催:「北方領土の日」反対!「アイヌ新法」実現!全国実行委員会(ピリカ全国実)・関東グループ
協賛:東大のアイヌ民族遺骨を返還させる会

テエタ カネ トノ イレンカ シサム イレンカ アニ ニカプ ペナ タ アネサル コタン オロワ ヌプキペツ コタン トオプ ペナ タ アン トイマ コタン ニタッナイ オッタ アトプテ ロク ウタラ シリキラプ オルシペ アン ルウェ ネ ワ コエドレンノ テエタ エカシ フチ ウタラ ドシリヒ オウリ ワ ライケウェヘ ポネヘ ネ ヤッカ エイッカ ワ パイェ タン オルシペ イヌレ ルスイ クス ケク ルウェ タパン ナ

その昔 役人の命令 和人の命令で 新冠の川の上流の 姉去村から 貫気別の村の ずっと上流にある 遠い村 ニタッナイ(旭)に 移された人たちが 苦労した話が あり それだけでなく 昔のエカシたち フチたちの 墓を掘り出して なきがら 骨であっても 盗んでいった この話を 皆さんに聞いてもらいたいので 私は来たのです

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

先住民族文化とミュージアム(博物館等) [研究集会]

国際ワークショップ(シシリムカ文化大学特別講座)「先住民族文化とミュージアム(博物館等)」

日時:2018年1月28日(日) 午後1時~5時
場所:北海道平取町二風谷 沙流川歴史館 レクチャーホール
主共催:平取町、平取町教育委員会、平取町アイヌ文化振興推進協議会、平取アイヌ協会、北海道大学アイヌ・先住民研究センター、シシリムカ文化大学

報告1:先住民族文化の再構築と博物館 -オーストラリア国立博物館の事例から-(マイケル・ピカリング; オーストラリア国立博物館)
報告2:オーストラリアにおける遺骨返還と連邦政府の関与(ロバート・グリーン; 在札幌オーストラリア領事館)
報告3:「返還」における来歴調査の方法 -エディンバラ大学の事例から-(クレシーダ・フォルデ; オーストラリア国立大学)

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:学問

「アイヌ民族の遺骨返還の意義と研究倫理」 [研究集会]

アイヌ民族の遺骨返還の意義と研究倫理 -心のこもった返還のために-
大学と地域の先住民族・マイノリティの対話と連携に基づいたエンパワーメントに関する研究

日時:2016年7月14日
場所:北海道大学
主催:北海道大学メディア・コミュニケーション研究院

第1部 イントロダクション
主催者挨拶(ジェフ・ゲーマン)
趣旨と背景の説明(小田 博志)
アイヌの葬制と死生観(鵜澤 加那子)
第2部 「ストーリーテリング」:祖先とつながり直す
ボブ・サム・結城 幸司
第3部 パネルディスカッション:遺骨返還と研究倫理
天野 哲也・井上 勝生・加藤 博文・蔵田 伸雄

研究集会の報告書がpdfで公開されている。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

「考古学・人類学とアイヌ民族」 [研究集会]

3学協会共催シンポジウム 考古学・人類学とアイヌ民族 -最新の研究成果と今後の研究のあり方-

日時:2017年12月17日(日)10:00~15:00
場所:東京大学文学部1番大教室(東京都文京区本郷7-3-1)
主催:日本考古学協会
共催:北海道アイヌ協会・日本人類学会
後援:文部科学省

講演1:オホーツク文化人と琉球人 -アイヌ民族との接点を求めて-(石田 肇)
講演2:ミトコンドリアDNAからみたアイヌ民族の成り立ち(安達 登)
講演3:北海道におけるガラス玉の流通と「シトキ」の成立(越田 賢一郎)
講演4:アイヌ民族の成り立ちとオホーツク人(瀬川 拓郎)
討論:コメンテーター(阿部 一司・佐藤 幸雄)、司会(加藤 博文)

開催趣旨:アイヌの人々は、北海道を中心に日本列島北部周辺に先住し、言語や宗教など文化の独自性を有する先住民族です。明治時代から人類学や考古学による研究が行われており、近年の遺伝子分析や大規模な発掘調査により新たな歴史像が見えてきました。本講演会では最新の人類学や考古学の研究成果を紹介するとともに、今後の研究のあり方について考えたいと思います。

続きを読む


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:学問

「謎多き大形石棒を学ぶ」(報告) [研究集会]

「謎多き大形石棒を学ぶ」

日時:2017年11月19日(日)13:00~15:30
場所:くにたち郷土文化館(東京都 国立市 谷保6231)

1.「緑川東遺跡出土大型石棒の岩石種とその産地」(柴田 徹)
2.「対置された石棒 -緑川東SV1を考えるために-」(中村 耕作)
3.「緑川東問題 -住居再利用説と特殊遺構説-」(五十嵐 彰)

私の話しの冒頭は、四十数年前に社会部考古班の一員として顧問の先生に連れられて、今回の会場である施設が立地する南養寺遺跡で、生まれて初めて縄紋土器のカケラを拾ったというほのかで淡い、しかし当時の私としては鮮烈な思い出から。
そして本日、会場に至る道筋の畑で、四十数年ぶりに同じ<遺跡>から同じような縄紋土器のカケラを拾いましたという報告付きである。
人生とは不思議なもの、巡りあわせは奇なもの。
その当時は、まさかあそこにあんなものが埋まっているとは夢にも思わなかったし、ましてや自分がそのことについてここで話しをするようになるとは…

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

「謎多き大形石棒を学ぶ」(予告) [研究集会]

「謎多き大形石棒を学ぶ」

日時:11月19日(日)13時~15時30分
場所:くにたち郷土文化館(東京都国立市谷保6231)
講師:柴田 徹、五十嵐 彰、中村 耕作

「敷石遺構SV1の平面形は、長径3.3m、短径3.1mのほぼ円形で、深さは0.6mです。全体の形は柄鏡形と思われますが、北側の張り出し部は攪乱で破壊されて、その有無は不明です。炉跡や焼土が確認されなかったため、敷石住居ではなく、敷石遺構と呼んでいます。敷石遺構の床面に河原石を敷き、その中央に4本の大形石棒を横たえて置いています。壁際には縁石をめぐらし、壁には河原石を積み重ねています。

 大形石棒は2本ずつ東西に分けて、頭部を南西方向に向け、床面より約10cm掘り下げ、頭部側にわずかに傾けて、横位に出土しました。大形石棒の下には敷石はありませんでしたが、これは敷石を剥いで石棒を置いたものか、当初から敷石がなかったかどうかは不明です。」(「国指定重要文化財 緑川東遺跡出土 大形石棒」パンフレットより)

 

続きを読む


タグ:緑川東問題
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

「緑川東遺跡とくにたちの縄文時代」 [研究集会]

「緑川東遺跡とくにたちの縄文時代」
日時:2017年10月29日(日)13時~15時30分
場所:くにたち郷土文化館
主催:国立市教育委員会

1. 「国立の縄文時代と緑川東遺跡」(和田 哲)
2. 「敷石遺構SV1出土石棒の「並置」のタイミング」(黒尾 和久)
3. 「炭素14年代・同位体分析からみた縄紋中・後期の文化様相」(小林 謙一)

緑川東遺跡SV1出土の石棒が国の重要文化財に指定されたことを記念した特別展「国指定重要文化財 緑川東遺跡出土 石棒展」に関連する講演会の前半戦である。台風が近づく悪天候のなか、多くの熱心な方々が集まられた。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:学問

公開討論会「緑川東遺跡の大形石棒について考える」自由討論記録 [研究集会]

「公開討論会「緑川東遺跡の大形石棒について考える」自由討論記録」『東京考古』第35号:1-20.(2017年5月

キーワードは2つ、「合わせ技」と「為にする議論」である。

「合わせ技」(3.)とは、「技あり」を2回取ったときに合わせて一本勝ちとなることをいう。すなわち「技なし」をいくら合わせても「一本」にはならない。問題は廃棄時説の4条件それぞれに「技あり」が認定されるかどうかである。更なる説明を求めたい。

「為にする議論」(10.)とは、「ある意図の下にあらかじめ結論を決めて、都合のいい論拠だけを挙げるような議論」(「はてなキーワード」より)である。どこかで聞いたような文言である。

「すなわちそれは何らかの考古事象の観察によって「敷石の除去」という判断がなされて、その結果として「廃棄時設置」という結論が導かれたのではなく、最初に「廃棄時設置」という結論があり、そのことを補強するために「敷石の除去」という説明が持ち出されたのではないか、という疑念である。」(五十嵐2017a「緑川東・廃棄時設置という隘路」『東京の遺跡』第107号:4.)

続きを読む


タグ:緑川東問題
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

緑川東遺跡の大形石棒について考える(報告) [研究集会]

公開討論会「緑川東遺跡の大形石棒について考える」
日時:2017年2月19日(日)
場所:東京都埋蔵文化財センター 2階会議室
主催:東京考古談話会 
後援:東京都埋蔵文化財センター・国立市教育委員会 
協力:セツルメント研究会

「報告書の刊行後に、大形石棒が設置されたのが「敷石遺構SV1」の廃絶時以降という報告書の所見に対して、製作時の可能性も否定できないのではないか、むしろそう考えるべきではないのかという疑義が、『東京考古』および『東京の遺跡』誌上で提示され、またそれに対する反論も出されています。」(東京考古談話会・企画担当 黒尾・追川・中村2017「公開討論会「緑川東遺跡の大形石棒について考える」の開催にあたって」『公開討論会「緑川東遺跡の大形石棒について考える」資料集』)

「報告にしっかり目を通せば理解してもらえると信じている」(黒尾2016「考古学的判断の妥当性とは」)というのが「反論」に値するのか疑問とせざるを得ない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問
前の10件 | - 研究集会 ブログトップ