So-net無料ブログ作成
検索選択
研究集会 ブログトップ
前の10件 | -

緑川東遺跡の大形石棒について考える(報告) [研究集会]

公開討論会「緑川東遺跡の大形石棒について考える」
日時:2017年2月19日(日)
場所:東京都埋蔵文化財センター 2階会議室
主催:東京考古談話会 
後援:東京都埋蔵文化財センター・国立市教育委員会 
協力:セツルメント研究会

「報告書の刊行後に、大形石棒が設置されたのが「敷石遺構SV1」の廃絶時以降という報告書の所見に対して、製作時の可能性も否定できないのではないか、むしろそう考えるべきではないのかという疑義が、『東京考古』および『東京の遺跡』誌上で提示され、またそれに対する反論も出されています。」(東京考古談話会・企画担当 黒尾・追川・中村2017「公開討論会「緑川東遺跡の大形石棒について考える」の開催にあたって」『公開討論会「緑川東遺跡の大形石棒について考える」資料集』)

「報告にしっかり目を通せば理解してもらえると信じている」(黒尾2016「考古学的判断の妥当性とは」)というのが「反論」に値するのか疑問とせざるを得ない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

先住民考古学ワーキンググループ・第1回ワークショップ [研究集会]

先住民考古学ワーキンググループ 2016年度 第1回ワークショップ

日時:2017年1月28日(土)
場所:北海道大学アイヌ・先住民研究センター 会議室
13:00- 趣旨説明
13:15- 話題提供1 友田 哲弘(旭川市教育委員会)
13:45- 話題提供2 猪熊 樹人(根室市歴史と自然の資料館)
14:30- 話題提供3 八幡 巴絵(白老町アイヌ民族博物館)
15:00- 話題提供4 五十嵐 彰(東京都埋蔵文化財センター)

「返還問題から見る先住民考古学の位相 -返還考古学という視座-」と題して発表した。
話しの内容は、昨年の夏に行なわれたWAC-8における返還を巡る状況そして先住民考古学と植民地考古学の相互の関係など最近考えていることである。
一つの見通しは、アイヌ考古学―先住民考古学―植民地考古学―近現代考古学という階層の異なる入れ子状態の部分-全体関係である。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

緑川東遺跡の大形石棒について考える(予告) [研究集会]

【公開討論会】 緑川東遺跡の大形石棒について考える(予告)

日時:2017年2月19日(日)13時~17時(開場12時30分)
場所:東京都埋蔵文化財センター2階会議室

主催:東京考古談話会
協力:セツルメント研究会
呼びかけ人:五十嵐 彰・黒尾 和久・小林 謙一
【趣旨】
2012年6月30日に、国立市緑川東遺跡の「敷石遺構SV1]と名付けられた遺構から長さ1mを超える大形石棒が4本並んで出土しました。発見当初から大きな話題となりましたが、未だにその評価が定まりません。特に大形石棒が設置されたのが「敷石遺構SV1]の製作時なのか、それとも廃棄時なのかという点について異なる意見が提出されています。今回は、両方の論者を招いてそれぞれの論拠を示してもらい、会場の参加者と一緒に4本の大形石棒を巡る諸問題、考古学的な事象から導かれる私たちの判断・解釈・説明のありかたについて円卓形式で自由に議論をしたいと思います。
【タイム・テーブル】
13:00- 趣旨説明(小林) 13:10- 基調報告(黒尾) 13:30- 対論提示(五十嵐)
13:50-17:00 コメント・自由討論
*参加費は無料、申し込みも不要です。できるだけ多くの方々に参加して頂くことを希望しています。ただ緑川東遺跡の報告書(ダイサン編2014『緑川東遺跡 -第27地点-』)とその対論(五十嵐 彰2016「緑川東問題」『東京考古』第34号)が議論の前提となりますので、予め目を通していただければ理解の助けになるかと思います。また『東京の遺跡』(東京考古談話会)でも、調査速報(99号)、報告書紹介(101号)、シンポジウム紹介(102号)、考古学的判断の妥当性とは(106号)、廃棄時説という隘路(107号)など関連した文章が掲載されていますので、ご参考にして下さい。

以上、配布チラシより

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

世界の中の「日本考古学」(続々:WAC-8に至る道) [研究集会]

WAC-8に至るには、重要なマイル・ストーンがあった。それが10年前の「世界考古学会議中間会議 大阪大会2006」(WAC-IC OSAKA)である。中間会議2006大阪があったからこそ、本会議2016京都があったとも言えよう。
両者を比較し通時的に分析することで、世界考古学に対する日本考古学の変化についても、伺い知ることができる。

WAC-IC 2006の研究発表は、4日間(実質3日)の日程で、4会場、3テーマ、23セッション、160本の口頭発表、34枚のポスター発表であった。
WAC-8 2016の研究発表は、4日間(実質3日半)の日程で、29会場、15テーマ、159セッション、1477本の口頭発表、132枚のポスター発表であった。
10年を隔てて、規模はおよそ7~8倍になったとみてよいだろう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

世界の中の「日本考古学」(続:WAC-8 全体分析) [研究集会]

まず全体を俯瞰してみよう。
15のテーマが設定されたが、当然のことながら研究発表も均等に配置されているわけではない。
一番多いのはテーマ10「科学」(270; 18%)で、以下テーマ6「地域」(195; 13%)、テーマ8「遺産・博物館」(181; 12%)と続く。
日本人研究者の発表も、テーマ10「科学」(101; 29%)、テーマ6「地域」(66; 19%)、テーマ5「比較」(59; 17%)となる。日本考古学の場合、科学に対する集中が顕著である。本テーマに関するポスター発表も28/48で58%と過半を占めている。
それぞれテーマごとの研究発表における日本人研究者の占める割合も、テーマ13「災害」(32/66; 48%)、テーマ10「科学」(101/270; 37%)、テーマ5「比較」(59/167; 35%)、テーマ6「地域」(66/195; 34%)、テーマ12「交流」(17/65; 26%)がトップ5である。他のテーマは概ね10%台なのだが、逆に目立つのがテーマ3「植民地・先住民」(4/90; 4%)、テーマ9「理論」(7/102; 7%)の極端な低率である。この2つのテーマに対する日本考古学の関心の低さ、無関心さが示されている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

世界の中の「日本考古学」(WAC-8 事後分析) [研究集会]

ホームでの開催にも関わらず、ホームの参加者の方がマイノリティである。「ホームなのに、アウェイ」という摩訶不思議な感覚である。これもWAC(世界考古学会議)ならでは、と言えよう。
そうした状況で、どのようなことが語られ、どのようなことが語られなかったか、そうしたことから「日本考古学の今」が浮かび上がってこよう。 

まず体の大きさを知るには、誰かと比べなければならない。
とりあえず比較の対象として、一般社団法人 日本考古学協会 第82回総会(2016年5月28・29日、東京学芸大学)を取り上げよう。

日本考古学協会2016の研究発表は、2日間(実質は1日半)の日程で、8会場、8つのセッション、80本の研究発表、38枚のポスター発表(8枚の高校生発表を含む)であった。
それに対してWAC-8の研究発表は、4日間(実質は3日半)の日程で、29会場、159のセッション、1477本の研究発表、132枚のポスター発表である。

会場数は3.6倍、セッション数は20倍弱、研究発表数は18.5倍、ポスター発表数は3.5倍である。
もちろんWAC本会議は4年に一度、日考協総会は毎年という違いがある。
WAC-8における日本人(と思われる)研究者の研究発表だけでも、352本という「日本考古学」始まって以来の規模である(一人の研究者が複数の発表をしている場合もあるので、発表研究者数と研究発表数は一致しない)。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

第8回 世界考古学会議(WAC-8 KYOTO)8.28-9.2 [研究集会]

開発・政治・ポスト植民地主義・倫理・比較・地域・教育・公共・理論・科学・宗教・相互交流・災害・芸術・戦争という15テーマに159のセッションが設定されて、そこに1477本の口頭発表が配置される。これらが29会場で4日間同時進行で発表される。そのほか132枚のポスター発表、7つのエクスカーション、記念集会、記念講演、総会、サテライト会場での展示など盛り沢山である。

設定された15種類のテーマの一つ「テーマ3:ポスト植民地経験、考古学の実践、そして先住民考古学」では、15のセッションが設定されて総計89本の発表が予定されている。
15セッションの内、セッション題に”Repatriation”(返還)の用語が採用されているのは8セッション、キーワードにあるのが1セッションである。
89本の発表の内、発表題ないしはキーワードに”Repatriation”(返還)の用語があるのは、以下の44本である。自らの発表分を除外すれば、43本。
4日間フルに聞いても、1日10本以上の発表を聞くことになる。
「返還」という単一テーマに絞ってもである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

「植民地朝鮮における帝国日本の古代史研究」 [研究集会]

「植民地朝鮮における帝国日本の古代史研究 -近代東アジアの考古学・歴史学・文化財政策-」

日時:2016年4月22日(金)・23日(土)
場所:日仏会館、早稲田大学26号館
企画代表:李 成市、ナンタ アルノ

「このシンポジウムでは、植民地朝鮮における古代史研究(考古学、歴史学、古蹟保護政策)のみならず、植民地期カンボジアにおけるフランスの考古学事業という前史のもつ意義、そして大陸中国における考古学活動をも参照しつつ、「植民地的状況」下で実施された学知を検討する。」(案内チラシより)

李 成市 「朝鮮古代史研究と植民地主義の克服」
崔 錫榮 「朝鮮総督府による古蹟調査と博物館の役割」
早乙女 雅博 「植民地朝鮮における考古学調査・古蹟保存と、それを通してみた朝鮮古代史像」
吉井 秀夫 「京都帝国大学考古学研究室からみた朝鮮総督府の古蹟調査事業」
箱石 大 「朝鮮総督府による朝鮮史料の収集と編纂」
裴 炯逸 「帝国の名勝地を視覚する -朝鮮植民地古跡の写真分類と観光メデア-」
藤原 貞朗 「植民地学としての東アジア考古学 -その理念と実践の比較検討-」

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

人類学バトル [研究集会]

人類学バトル「ポストコロニアル論争は人類学にとって自殺行為だった」『くにたち人類学研究』第3号:69-138.

ひょんなことから、隣で9年前にこんなイベントが行われていたことを知った。

日時:2007年10月7日
場所:一橋大学
主催:日本文化人類学会 関東地区研究懇談会

「「シリーズ・人類学バトル」は、だれもが気にかけてはいるものの、これまで面と向かって論じることの少なかった「熱いトピック」を、「バトル」形式で議論する場です。毎回、それぞれのトピックについて一家言ありそうな論客を招いて「バトル」の口火を切ってもらい、その後、観戦者も巻き込んで「場外バトル」を繰り広げ、最後に、全員の投票で勝敗を決めます。
今回の争点もまさに、未だに決着を付けにくい悩ましいトピックです。そこで多様な立場から争点を浮き彫りにし、議論を大胆に「闘わせる」ことで、問題の核心に迫りたいと思います。「バトル」とは半ば見せ物で、半ば真剣勝負の場です。重い話も軽く語れる場、原稿を読み上げる場には求めにくい、口頭でやり合うスリルに富んだ場、普段言いにくいことも思わずズバリと言ってしまいたくなる場にしたいと思います。」(69.)

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

「氷期に生きた北の狩人」 [研究集会]

「氷期に生きた北の狩人 -慶應旧石器時代研究88年の歩み‐」

日時:2016年1月16日(土)13:30~17:00
場所:慶應義塾大学三田キャンパス東館6階

安藤 広道・平澤 悠「慶應旧石器時代研究の黎明」
渡辺 丈彦「阿部祥人先生と東北の旧石器時代研究」
澤浦 亮平「本州最北部尻労安倍洞窟の最新の調査研究成果」
赤澤 威「他流試合のすすめ」

「文学部創設125年記念企画展」と題して図書館の一角で開催されている展示と連動した講演会である。
懐かしい「石たち」がいっぱい並んでいる。記憶に残る風景がスクリーンに映し出される。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | - 研究集会 ブログトップ