So-net無料ブログ作成

オーウェル(高橋訳)2009『1984年』 [全方位書評]

ジョージ・オーウェル(高橋 和久 訳)2009『1984年 [新訳本]』早川書房6494
George Orwell "NINETEEN EIGHTY-FOUR"

行く前は、どこかにあるだろう仮想社会(ディストピア)を描いた近未来小説の一つぐらいに考えていた。
帰ってからは、ここで描かれた社会が現にすぐ近くに存在していることに深く胸が塞がる思いである。

「彼はいっときも眠らずに聞き耳を立てているテレスクリーンのことを考えた。かれらの監視は昼となく夜となく続いているが、取り乱すことなく冷静さを忘れずにいれば、出し抜くことができるだろう。その抜け目のない賢さをもってしてもなお、かれらは他人の頭のなかを覗きこむ術を見つけるには至っていない。実際に、かれらの手に落ちてしまったら、そうとは言い切れないのかもしれない。愛情省の内部で何が起きているのか、誰も知らないのだ。」(257.)

外国人ツーリストの行動は極めて制限されている。宿泊も指定された高級ホテル以外に選択肢はない。長崎の出島のようである。そこから出ようとすると常にガイドという名の監視役の人と一緒でないと許されない。そもそもホテルに着いた途端、紛失するといけませんからといって全員のパスポートが取り上げられてしまったのだから。

ホテルで最初の朝食を終えた時のことである。少しホテルの周りを散歩しようかということになり、みんなで玄関を少し出て周りの風景などを見回していた時、音もなくスッとガイドの男性が後ろから現われ、にこやかに「おはようございます」と挨拶をした。その時の、一瞬背筋に冷たいものが走るような感覚を忘れることはないだろう。同じようなことが、一度ならずあった。

党のスローガンが街の至る所に貼りだされている。商業広告というものが一切ないから、目立つ。山に囲まれた小さな町では、その山腹にも。
本書における党のスローガンは3つ。

戦争は平和なり(War is Peace.)
自由は隷従なり(Freedom is Slavery.)
無知は力なり(Ignorance is Strength.)

「最終的に、党は2足す2は5であると発表し、こちらもそれを信じなくてはならなくなるだろう。遅かれ早かれ、そうした主張がなされるのは避けがたい。党というものの立場の必然的要請がそれを要求するのだ。経験の妥当性ばかりか外部の現実の存在そのものまで、党の哲学によって暗黙のうちに否定されているではないか。異端のなかの異端とは常識に他ならない。そして恐ろしいのは、党の考えに同調しないため殺されることではなくて、党の考えの方が正しいかもしれないということ。結局のところ、2足す2が4であることをいかにして知るというのだ? あるいは引力が作用していること、過去が不変であることを? 過去も外部の世界も人の心のなかにしか存在しないのだとしたら、そしてその心自体がコントロール可能であるとしたら、その結果、どうなるか?」(124.)

壇君陵」というのがある。5000年前のピラミッドのような墓である。
日本の「神武天皇陵」と同じである。

「過去の改変はふたつの理由から必要とされる。ひとつは補助的な理由で、いわば予防策である。党のメンバーはプロレタリアと同様、比較の基準を有さないが為に、現在の状況を黙認している。それ故、党のメンバーはちょうど外国との接触が絶たれねばならないのと同様に、過去からも切り離されなければならない。なぜなら、彼は祖先よりも恵まれた生活を送っており、物質的な快適さの平均水準も絶えず上がり続けていると信じる必要があるからだ。しかし、過去の再調整が必要となるもっと重要な理由は、党が決して誤りを犯さないという説を守らねばならないというものである。」(326.)

党の今一つのスローガンは「過去をコントロールするものは、未来をコントロールし、現在をコントロールするものは、過去をコントロールする」(383.)というものである。
「過去をコントロールする」際には、考古学という学問が絶大な力を発揮する。

現在の体制を維持するために、継続的な戦争状態が必要とされていることも、一般国民の海外旅行やインターネットなど世界との交流を切断して半鎖国状態を継続している理由も、全てここに描かれている。

「自由という概念がなくなってしまったときに、<自由は隷従なり>といったスローガンなど掲げられるはずもない。思考風土全体が変わるのだよ。実際、われわれが今日理解しているような思考は存在しなくなる。正統は思考することを意味するわけではない。その意味するところは思考する必要がないこと。正統とは意識のないことなのだ。」(83.)

nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:学問

nice! 3

コメント 5

anarche

返しますか?
by anarche (2019-06-03 01:07) 

伊皿木蟻化(五十嵐彰)

返すべきものは。
by 伊皿木蟻化(五十嵐彰) (2019-06-04 04:19) 

anarche

土地にこだわるなら、スキタイゴールド現在のウクライナ返還NG
文化伝統なら、上記URLリンクOK

by anarche (2019-06-04 19:32) 

伊皿木蟻化(五十嵐彰)

スキタイゴールドは良く分かりませんが、金沢庄三郎を知りました。
by 伊皿木蟻化(五十嵐彰) (2019-06-05 08:42) 

anarche

オランダからクリミアには返しません ただし控訴中
by anarche (2019-06-10 20:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。